プロフィール
佐藤栄作
佐藤栄作
九州朝日放送 KBCテレビ『アサデス。』と『サワダデース』、KBCラジオ『川上政行 朝から しゃべりずき!』にお天気キャスターとして出演中。
早起きとお天気のツボ押しが特技のフリーランスの気象予報士です。(株)風見屋 代表取締役
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
オーナーへメッセージ
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 38人

2017年01月31日

晴れ間戻る

 日本付近は冬型気圧配置になっています。九州北部地方は大陸の高気圧に覆われ晴れている所が多いですが北部では寒気の影響で曇っています。朝の気温は平地で4度、山地で2度前後と山地を中心に冷え込んでいます。この後、冬型が緩み高気圧が移動してきて九州を覆う見込みです。このため、今日の九州北部地方は晴れicon01るでしょう。北部では朝と夜に曇りicon02ますが雨の心配はほとんどなく洗濯物は全域で外に干せるでしょう。最高気温は昨日の昼と大体同じくらいで11度前後と2月上旬から中旬並みです。昨日ほどではないですが今日も風がひんやり冷たく寒いのでマフラーや手袋など寒さ対策をしっかりして行きましょう。

 明日も高気圧に覆われ中部では晴れicon01ますが、北部は弱い気圧の谷の影響を受けるため曇りicon02がちの天気でしょう。明後日と金曜日は高気圧に覆われ穏やかに晴れicon01。土日は気圧の谷が通過するため曇りicon02一時雨icon03でしょう。月火は冬型気圧配置で強い寒気が流れ込み冬空が広がり曇りicon02でしょう。

 気温は週末を中心に平年を上回りicon14一時寒さが緩みますが来週は再び厳しい寒さになります。温度変化がとても大きい一週間なので風邪など引かない様、体調管理最優先で過ごしましょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 06:15Comments(0)短期・週間

2017年01月30日

強風注意

 気圧の谷の影響で九州北部地方は曇っていて北岸や山地を中心に所々で雨が降っています。朝の気温は13度前後と4月並みで暖かいですが、西風が4メートル前後吹いていて体感はそこまで暖かくないです。この後、気圧の谷が午前中に九州付近を通過し冬型気圧配置が急速に強まり夜には寒気が流れ込みます。このため、今日の九州北部地方は曇りicon02で午前中一時雨icon03が降り、午後は晴れ間icon01が出ますが夜は再び曇りicon02北部では雨の降る所があるでしょう。朝と夜は傘を持ち歩き、洗濯物は軒下干しが良いでしょう。ただ、西のち北風がやや強く吹くので洗濯物は飛ばされない様、しっかり留めておきましょう。最高気温は昨日より7、8度低く12度前後と2月下旬並みです。午後は北風が冷たく体感温度は5度くらいまで下がるのでマフラーや手袋など寒さ対策をしっかりして行きましょう。

 明日は朝と夜は曇りicon02ますが日中は高気圧に覆われ晴れicon01。明後日は弱い気圧の谷が通過するため曇りicon02時々晴れicon01。木金は高気圧に覆われ晴れicon01て、土日は気圧の谷が通過するため曇りicon02一時雨icon03で月曜日は高気圧に覆われ晴れicon01るでしょう。

 気温は平年並みかそれを上回りicon14過ごし易い日が多いですが、変化の大きい一週間です。風邪など引かない様、体調管理をしっかり行いましょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 06:49Comments(0)短期・週間

2017年01月28日

乾燥注意

 高気圧に覆われて九州北部地方は晴れています。朝の気温は平地で2度、山地で0度前後と平年並みの冷え込みになっています。この後も高気圧に覆われ今日の九州北部地方は穏やかに晴れicon01るでしょう。絶好の洗濯日和でお布団も外に干して大丈夫です。その分、空気の乾燥が続くので火の取り扱いには呉々も注意してください。最高気温は昨日と同じくらいで16度前後と3月中旬並みです。昼間は暖かく厚着をする必要は無くお出かけ日和でしょう。

 明日は前線が対馬海峡に伸びてくるため天気は下り坂icon15です。大分や熊本など中部では晴れ間icon01の出る時間もありますが北部から次第にどんより曇りicon02、昼前から所により雨が降り夜遅くは北部から雨icon03が降り出して来るでしょう。明後日は前線が南下するため朝まで雨icon03で昼前から曇りicon02。火曜日は高気圧に覆われ晴れicon01。水曜日は寒冷前線が通過するため一時雨icon03が降り、木金土は高気圧に覆われ晴れicon01るでしょう。日曜日は気圧の谷が通過し雨icon03が降り、月曜日は寒気の影響で曇りicon02でしょう。

 気温は平年を上回る日が多いですが変化の大きい一週間です。風邪やインフルエンザにならない様、体調管理最優先で過ごしましょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 09:16Comments(0)短期・週間

2017年01月27日

寒さ緩む

 高気圧に覆われ九州北部地方は晴れています。朝の気温は沿岸で5度前後と高いですが、内陸では0度前後と冷え込んでいます。この後、北海道の北を東に進む低気圧から伸びる寒冷前線が日中九州北部を通過する見込みです。このため、今日の九州北部地方は朝と夜は晴れicon01て昼前から夕方曇りicon01、北部を中心に所により雨が降ります。洗濯物は軒下干しで、昼間は折り畳み傘を持ち歩きましょう。最高気温は昨日より2度高く13度前後と3月上旬並みです。内陸を中心に朝との温度差が大きいので調節の利く服装で行きましょう。

 明日は高気圧に覆われ穏やかに晴れicon01て夜は曇りicon02。明後日は前線が対馬海峡に伸びてくるため下り坂で次第にどんより曇りicon02、夜は雨icon03。今度の土日は土曜日の方が行楽日和です。月曜日は前線が南下するため雨icon03後曇りicon02、火曜日は高気圧に覆われ晴れicon01て、水曜日は気圧の谷が通過するため曇りicon02一時雨icon03でしょう。そして、木曜日は高気圧に覆われ晴れ間icon01が戻り金曜日も高気圧に覆われ晴れicon01るでしょう。

 気温は平年を上回りicon14この時期としては過ごし易い日が多いでしょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 06:07Comments(0)短期・週間

2017年01月26日

冬晴れ

 高気圧に覆われて九州北部地方は晴れています。放射冷却が働き朝の気温は平地で0度、山地で−3度前後と厳しい冷え込みになっています。この後も高気圧に緩やかに覆われ今日の九州北部地方は穏やかに晴れicon01るでしょう。雨や雪の心配は無く絶好の洗濯日和でお布団も外に干して大丈夫icon100です。最高気温は昨日より3度高く12度前後と2月下旬並みです。日差しの温もりが戻り日向では暖かく朝との温度差が10度以上と大きいので調節の利く服装で行きましょう。

 明日は北日本を発達しながら進む低気圧から伸びる寒冷前線が日中九州北部を通過する見込みです。このため、朝まで晴れicon01て、昼前から夕方曇りicon02、昼前後に北部では一時雨icon03が降り、夜は晴れicon01るでしょう。明後日は高気圧に覆われ晴れicon01。日曜日は気圧の谷が近づき曇りicon02、北部では遅い時間に雨icon03が降るでしょう。今度の土日は土曜日の方がお出かけ日和です。月曜日まで前線の影響で曇りicon02、火曜日は高気圧に覆われ晴れicon01、水曜日は気圧の谷が通過し曇りicon02、木曜日は高気圧に覆われ晴れicon01るでしょう。

 気温は平年を上回りicon14暫くは暖かく過ごし易い日が多いでしょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 06:25Comments(0)短期・週間

2017年01月25日

冬日

 冬型気圧配置は西から緩んできていて黄海に中心を持つ高気圧に覆われ九州北部地方は晴れています。放射冷却が働き朝の気温は平地で−2度、山地で−4度前後とこの冬一番の冷え込みでほとんどの所で冬日となっています。この後も高気圧に覆われ今日の九州北部地方は晴れicon01るでしょう。対馬海峡の沿岸では朝から昼前に一時曇りicon02ますが雪や雨が降ることは無く洗濯物は外に干して大丈夫icon100でしょう。最高気温は昨日より3、4度高く9度前後と平年並みです。朝との温度差が10度前後と大きいので服装で上手く調節しましょう。

 明日も高気圧に覆われ晴れicon01。空気の乾燥した状態が続くので火の取り扱いには十分注意しましょう。明後日は気圧の谷が通過するため曇りicon02、所により雨が降るでしょう。土曜日は高気圧に覆われ晴れicon01。日曜日は気圧の谷と湿った空気の影響で曇りicon02一時雨icon03が降るでしょう。今度の土日は土曜日の方が行楽日和です。月曜日は前線が南下し雨icon03後曇りicon02。火水は高気圧に覆われ晴れicon01るでしょう。

 気温は明日以降平年並みかそれを上回りicon14来週始めを中心に暖かくなります。温度変化の大きい一週間なので風邪など引かない様、体調管理をしっかり行いましょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 06:12Comments(0)短期・週間

2017年01月24日

冬空厳寒

 日本付近は冬型気圧配置が続いていて九州にも強い寒気が流れ込んできています。九州北部地方は内陸などで晴れている所もありますが沿岸や山地では曇っていて一部で雪が降っています。朝の気温は沿岸で2度、内陸で−2度前後と厳しい冷え込みになっています。この後、冬型気圧配置は西から緩み黄海付近に中心を持つ高気圧に九州は覆われますがまだ強い寒気の影響が残る見込みです。このため、今日の九州北部地方は内陸では晴れicon01ますが、沿岸では昼過ぎまで曇りicon02雪や雨の降る所が有り夕方から晴れicon01るでしょう。洗濯物は内陸は外に干せますが沿岸では日差しも少なく気温が低いので室内干しが良いでしょう。沿岸の地方の方は午前中は折り畳み傘があると安心でしょう。最高気温は昨日より1度高いですがそれでも6度前後と厳しい寒さが続きます。マフラーや手袋など寒さ対策をしっかりして行きましょう。

 明日は移動してくる高気圧に覆われ内陸では晴れicon01て、対馬海峡沿岸地方では寒気の影響を受けるため曇りicon02時々晴れicon01でしょう。明後日は高気圧に覆われ広く晴れicon01て、気圧の谷が通過する金曜日は曇りicon02、北岸では一時雨icon03が降るでしょう。土曜日は高気圧に覆われスッキリ晴れicon01お出かけ日和。一方日曜日は前線が対馬海峡に伸びてくるため曇りicon02一時雨icon03でお出かけには生憎の天気でしょう。そして、月曜日は前線が南下して雨icon03後曇りicon02、火曜日は高気圧が進んできて晴れ間icon01が戻るでしょう。

 気温は明後日まで平年を下回りicon15寒く、金曜日からは平年を上回りicon14暫く寒さが緩むでしょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 06:13Comments(0)短期・週間

2017年01月23日

極寒大雪

 日本付近は強い冬型気圧配置になっていて九州には強い寒気が流れ込んできています。大分県など山の風下側では晴れている所もありますが、寒気の影響で曇っている所が多く所々で雪が降っています。山地を中心に所々で雪の積もっている所もある様です。朝の気温は平地で1度、山地で−1度前後と冷え込んでいて西風も4メートル前後吹いているため体感温度は0度以下の所が多くなっています。この後も冬型が続き、九州北部の上空1500メートル付近で−12度以下と強い寒気が流れ込む見込みです。このため今日の九州北部地方は曇りicon02時々雪icon04で、山地を中心に大雪になる恐れがあります。明日の朝にかけて降る雪の量は多い所で、山地10センチ、平地で5センチと見ています。平地でも雪の積もる所があるので車にはタイヤチェーン必携で滑り難い靴で出掛けましょう。大分など山の風下側では時々晴れ間icon01が出ますが、気温が低いので洗濯物は室内干しが良いでしょう。最高気温は昨日より2度低く5度前後とこの冬一番の寒さになります。マフラーや手袋など寒さ対策を万全にして行きましょう。

 明日は冬型が緩み高気圧に覆われ大分県や熊本県など中部では晴れicon01ますが北部は寒気の影響で午前中曇りicon02時々雪icon04が降り、昼過ぎから晴れicon01るでしょう。明後日も高気圧に覆われ晴れicon01ますが、寒気の影響で対馬海峡と東シナ海沿岸では曇りicon02がちの天気でしょう。木曜日は高気圧に覆われ晴れicon01て、金曜日は気圧の谷が通過するため曇りicon02北部を中心に一時雨icon03が降るでしょう。土日は高気圧に覆われ晴れicon01て、月曜日は気圧の谷が通過し雨icon03が降るでしょう。

 気温は明後日まで平年を下回りicon15寒く、その後平年を上回る様になり寒さが緩みます。温度変化の大きい一週間なので風邪など引かない様、体調管理最優先で過ごしましょう。
  

Posted by 佐藤栄作 at 06:10Comments(0)短期・週間

2017年01月21日

嵐の谷間

 九州付近の冬型気圧配置は緩んでいて大陸の高気圧に覆われて九州北部地方は晴れている所が多い様です。朝9時の気温は平地で3度、山地で0度前後と冷え込んでいます。この後も午前中は高気圧に覆われますが、午後は気圧の谷が近づき寒気の影響も受ける見込みです。このため、今日の九州北部地方は午前中晴れicon01て昼過ぎから次第に曇りicon02、夜遅くは北部で雨や雪の降る所があるでしょう。洗濯物は日中いっぱい外に干して大丈夫で、帰りが遅くなる方は折り畳み傘があると安心でしょう。最高気温は昨日の昼より4、5度高く平年並みです。風がおさまる分ましですが、日陰では空気が冷たく寒いので暖かくして行きましょう。

 明日は寒冷前線が午前中九州を通過し、冬型気圧配置となり夜には九州北部の上空1500メートル付近で−9度以下と強い寒気が流れ込みます。このため、断続的に雨icon03や雪icon04が降り、雷icon05を伴って霰や雹の降る恐れもあります。昨日ほどの暴風にはなりませんが強風が吹き荒れた天気になります。月曜日も冬型気圧配置が続き曇りicon02時々雪icon04。寒気のピークは月曜日の朝となるため日曜日の夕方から月曜日にかけては山地を中心に大雪になる恐れがあります。九州北部の山地では多い所で10センチの雪が降り、平地でもうっすらと雪の積もる恐れがあります。月曜日の通勤・通学は時間にゆとりを持った方が良いでしょう。

 火水は寒気の影響で曇りicon02、木曜日は高気圧に覆われ晴れ間icon01が出て、金曜日に気圧の谷が通過し一時雨icon03が降り、土日は高気圧に覆われ晴れicon01るでしょう。そして、月曜日は気圧の谷が通過し曇りicon02一時雨icon03でしょう。

 気温は来週半ばまで平年を下回りicon15厳しい寒さで来週末からは寒さが緩むでしょう。温度変化の大きい一週間なので風邪やインフルエンザにならない様、体調管理最優先で過ごしましょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 10:16Comments(0)短期・週間

2017年01月20日

冬の嵐

 気圧の谷の影響で九州北部地方は曇っていて所々で雨が降っています。朝の気温は平地で8度、山地で6度前後と高いですが沿岸部を中心に西風が6メートル前後吹いていて風の冷たい朝になっています。この後、気圧の谷が日中九州を通過し日本海西部で低気圧が発生し急速に発達しながら東へ進みます。九州付近は急速に冬型気圧配置が強まり上空に強い寒気が流れ込む見込みです。このため、今日の九州北部地方は曇りicon02で時々雨icon03や雪icon04が降り雷icon05を伴う所もあるでしょう。日中は断続的に雨icon03が降り、西のち北風が強まり荒れた天気となります。特に夕方からは霰や雹の降る恐れが有り、夜には雪icon04に変わる所が多いでしょう。熊本県と大分県の山地では明日の朝にかけて積もる恐れがあるので峠道を車で走行する方はタイヤチェーンなど滑り止めを持って行きましょう。風が強く雨や雪が横殴りに降るので頑丈な傘、レインコート、レインブーツなどが活躍し、洗濯物は室内干しでしょう。最高気温は昨日より3、4度低く8度前後で風が冷たく体感温度が0度近くまで下がる所もあります。マフラーや手袋など寒さ対策をしっかりして行きましょう。

 明日は寒気の影響で曇りicon02、大分県では朝まで雪icon04が降り昼前から時々晴れicon01るでしょう。明後日は気圧の谷が通過し強い寒気が流れ込むため曇りicon02時々雪icon04や雨icon03。月曜日も冬型で強い寒気が流れ込むため断続的に雪icon04が降り、山地では積もる所があるでしょう。火曜日まで寒気の影響で曇りicon02、水木は高気圧に覆われ晴れ間icon01が出て、金曜日は気圧の谷が通過するため曇りicon02北部では一時雨icon03が降るでしょう。

 気温は来週半ばまで平年を下回り厳しい寒さとなり来週末には寒さが緩みます。気温の変化が大きい一週間なので風邪やインフルエンザにならない様、体調管理最優先で過ごしましょう。

 今日から二十四節気の大寒。一年で最も寒い頃です。昨日発表した1カ月予報では2月中旬まで冬型気圧配置になりやすく寒気も流れ込み易いです。まだまだ寒波がやってくる恐れがありますので、寒さへの備えは万全にしておきましょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 06:51Comments(0)短期・週間

2017年01月19日

貴重な晴れ間

 沖縄付近にある前線の影響で九州北部地方は曇っています。朝の気温は平地で5度、山地で2度前後と3月上旬並みの暖かい朝になっています。この後、前線は九州から離れ、九州は一時的に北から高気圧に覆われますが、夜遅くなると気圧の谷が近づく見込みです。このため、今日の九州北部地方は曇りicon02時々晴れicon01で、夜遅くは北部で所により雨が降るでしょう。最高気温は昨日より1、2度低く12度前後と2月下旬並みです。昼間は過ごし易く厚着をする必要は無いでしょう。

 明日は低気圧が急速に発達しながら日本海を東へ進み九州は冬型気圧配置となり強い寒気が流れ込みます。このため、曇りicon02で時々雨icon03や雪icon04の降る天気で雷icon05や霰を伴う所があるでしょう。冬の嵐となり風が強く荒れた天気になります。強風対策は今日のうちに済ませましょう。明後日土曜日は寒気の影響で曇りicon02、山の風下側の大分県では晴れicon01るでしょう。日曜日と月曜日は冬型で強い寒気が流れ込むため時々雪icon04や雨icon03が降り山地では積もる所があるでしょう。今度の土日は土曜日の方がお出かけ日和でしょう。火曜日まで寒気の影響で曇りicon02、水木は高気圧に覆われ晴れicon01るでしょう。

 気温は明日から来週半ばまで平年を下回りicon15来週始めを中心に厳しい寒さになります。風邪やインフルエンザにならない様、体調管理最優先で過ごしましょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 06:52Comments(0)短期・週間

2017年01月18日

下り坂

 気圧の谷の影響で九州北部地方は曇ってきています。夜の間は晴れていたため放射冷却が働き、朝の気温は平地で1度、山地で−2度前後と冷え込んでいます。この後、気圧の谷が近づいて夜に九州北部付近を通過する見込みです。このため、今日の九州北部地方は次第にどんより曇りicon02早い所は昼過ぎから遅い所でも夕方からは雨icon03になります。夜遅くなると雨は上がりますが、洗濯物は軒下か室内干しで午後は傘を持ち歩きましょう。最高気温は昨日と大体同じくらいで11度前後と2月上旬並みです。日差しが無く寒いので暖かくして行きましょう。

 明日は高気圧に覆われ晴れ間icon01が出て貴重な洗濯チャンスとなり、明後日は低気圧が急速に発達しながら日本海を進みこの低気圧から伸びる寒冷前線が通過し西日本は冬型気圧配置となります。このため、曇りicon02で一時雨icon03や雪icon04が降り、風が強く荒れた天気となるでしょう。土曜日は寒気の影響で曇りicon02。日曜日は寒冷前線が通過し強い寒気が流れ込むため曇りicon02時々雪icon04や雨icon03。月曜日まで冬型で強い寒気が流れ込み一時雪icon04の降る天気となり日月は山地では雪の積もる所があるでしょう。今度の土日は土曜日の方がお出かけ日和です。月曜日まで寒気の影響で曇りicon02、火曜日は高気圧に覆われ晴れicon01るでしょう。

 気温は明後日から平年を下回りicon15来週始めにかけて厳しい寒さになります。風邪やインフルエンザにならない様、体調管理最優先で過ごしましょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 06:56Comments(0)短期・週間

2017年01月17日

冬型緩む

 西から冬型気圧配置が緩んでいて高気圧に覆われ九州北部地方は内陸を中心に晴れていますが、対馬海峡と東シナ海沿岸は寒気の雲に覆われ一部で弱い雨や雪が降っています。朝の気温は沿岸で2度、内陸で−1度前後と内陸を中心に冷え込んでいます。昨日、雨や雪が降り路面が凍結している恐れがあります。また、午前中は濃霧も予想されるので車の運転はスピードを控えましょう。この後も高気圧に覆われ今日の九州北部地方は内陸で晴れ間icon01が出ますが、沿岸では寒気と気圧の谷の影響で曇りicon02、昼前までは所により雨や雪が降るでしょう。洗濯物は内陸では外に干せますが、沿岸は軒下干しが良いでしょう。また、沿岸地方の方は午前中は折り畳み傘を持ち歩きましょう。最高気温は昨日と同じか1、2度高く10度前後と平年並みです。風がひんやり冷たく寒いので今日も暖かくして行きましょう。

 明日は前線が九州南岸に伸びてくるため次第にどんより曇りicon02、北部では昼前から昼過ぎに雨icon03が降るでしょう。明後日は気圧の谷の影響で曇りicon02。金曜日は寒冷前線が通過し冬型気圧配置が強まるため冬の嵐となります。始め雨icon03が降り、その後曇りicon02で一時雪icon04が降るでしょう。土曜日は冬型が緩み大分など東部では晴れicon01て、その他は寒気の影響で曇りicon02。日曜日は寒冷前線が通過し再び冬型が強まり曇りicon02時々雨icon03や雪icon04。月曜日は冬型で強い寒気の影響を受けるため曇りicon02、北部では一時雪icon04が降り、火曜日まで寒気の影響で曇りicon02でしょう。

 気温は明日と明後日平年を上回りicon14一時寒さが緩みますが、その後は再び厳しい寒さになります。風邪やインフルエンザにならない様、体調管理最優先で過ごしましょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 06:30Comments(0)短期・週間

2017年01月16日

下り坂

 大陸の高気圧に覆われ九州北部地方は晴れている所が多い様です。寒気が流れ込み放射冷却が働いたため朝の気温は平地で0度、山地で−3度前後とほぼ全域でこの冬一番厳しい冷え込みになっています。この後、高気圧が移動してきて九州を覆いますが、気圧の谷が日本海から対馬海峡に進んでくる見込みです。このため、今日の九州北部地方は午前中晴れicon01て昼過ぎから曇りicon02、夜にかけて雨icon03や雪icon04が降るでしょう。熊本県など南の地方では午後も晴れicon01洗濯日和ですが、北部では午後は軒下か室内干しで傘が活躍するでしょう。最高気温は昨日より3度くらい高く9度前後です。風が冷たく寒さは厳しいのでマフラーや手袋など寒さ対策をしっかりして行きましょう。

 明日は高気圧に覆われ熊本や大分など中部では晴れicon01ますが北部は気圧の谷と寒気の影響で曇りicon02、朝まで所により雨や雪が降るでしょう。明後日は前線が九州南岸に伸びてくるため下り坂icon15で午後は雨icon03が降り、木曜日も気圧の谷が通過し一時雨icon03が降るでしょう。金曜日は冬型気圧配置となり強い寒気が流れ込むため雨icon03や雪icon04が降り風が強まり荒れた天気で、土曜日から月曜日にかけても冬型で寒気の影響を受けて曇りicon02の天気が続くでしょう。

 気温は水木と平年を上回りicon14一時寒さが緩みますが週末は再び厳しい寒さになります。風邪やインフルエンザにならない様、体調管理最優先で過ごしましょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 06:29Comments(0)短期・週間

2017年01月14日

冬将軍到来

 日本付近は強い冬型気圧は地になっています。九州北部地方は大陸の高気圧に覆われ内陸では晴れていますが対馬海峡と東シナ海沿岸では曇っていて所々で雪や雨が降っています。9時の気温は4度前後で沿岸部を中心に風が5メートル前後吹いていて風冷えの朝となっています。この後も冬型気圧配置が続き九州北部地方の上空1500メートル付近で−9度以下の強い寒気が流れ込みます。このため、今日の九州北部地方は対馬海峡と東シナ海の沿岸部を中心に曇りicon02、夕方からは時々雪icon04が降るでしょう。大陸の高気圧に覆われるため熊本県や大分県など山の風下側の地方では晴れicon01るでしょう。気温が低く北西の風がやや強く荒れた天気になるので洗濯物は室内干しが良いでしょう。また、夕方以降は沿岸部や山地で傘の出番があるでしょう。最高気温は昨日より3、4度低く6度前後とこの冬一番の寒さです。風も冷たく体感温度は0度前後の状態が続きます。マフラーや手袋など寒さ対策を万全にして行きましょう。

 明日も強い冬型気圧配置が続き九州には強い寒気が流れ込みます。このため、対馬海峡沿岸地方では午前中曇りicon02朝まで時々雪icon04が降り昼過ぎから晴れicon01るでしょう。大分や熊本など北風の風下側では朝から晴れicon01るでしょう。明日も北風がやや強く冷たいのでお出かけには生憎の天気でしょう。

 明後日月曜日も寒気の影響で曇りicon02、火曜日は高気圧に覆われ晴れ間icon01が出るでしょう。水木は気圧の谷が通過するため時々雨icon03が降り、金曜日から再来週の月曜日にかけては冬型気圧配置が続き寒気の影響を受けるため曇りicon02でしょう。

 気温は平年並みかそれを下回りicon15寒い日が多いです。風邪やインフルエンザにならない様、体調管理最優先で過ごしましょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 10:07Comments(0)短期・週間

2017年01月13日

風冷え

 日本付近は冬型気圧配置になっていて大陸の高気圧に覆われ九州北部地方は晴れています。朝の気温は沿岸で8度、内陸で4度前後と平年を上回っていますが沿岸では西風が5メートル前後吹いていて風の冷たい朝になっています。この後、冬型気圧配置が次第に強まり強い寒気が流れ込んで来る見込みです。このため、今日の九州北部地方は午前中晴れicon01ますが、早い所では昼前から曇りicon02、昼過ぎからは所々で雨icon03や雪icon04が降るでしょう。洗濯物は軒下か室内干しで、午後は最低限折り畳み傘くらいは持ち歩きましょう。最高気温は昨日と同じか1度低く9度前後で風が冷たく寒さは厳しいです。マフラーや手袋など寒さ対策をしっかりして行きましょう。

 明日は強い冬型気圧配置となり九州北部地方の上空1500メートル付近で−9度以下と寒気が更に強まります。このため曇りicon02で北部沿岸や山地では時々雪icon04が降るでしょう。大分や熊本県など山の風下側では時々晴れ間icon01が出ますが冬空が広がります。日曜日も冬型で強い寒気の影響を受けるため曇りicon02でしょう。土日とも山地を含めて大雪になることは無いですが、北西の風が強く荒れた天気になるので大学入試センター試験など外出の予定のある方は時間にゆとりを持ちましょう。

 月曜日以降も寒気と気圧の谷の影響で曇りicon02の天気が金曜日まで続き、谷が通過する水曜日は一時雨icon03が降るでしょう。

 気温は平年並みかそれを下回り来週にかけて寒い日が多いです。風邪やインフルエンザにならない様、体調管理最優先で過ごしましょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 06:15Comments(0)短期・週間

2017年01月12日

冬空へ

 日本付近は冬型気圧配置になっていて本州から北の日本海側では雪が降っていて所々で大雪になっています。一方、九州は大陸の高気圧に覆われ晴れている所が多く、南部では気圧の谷の影響で曇っています。朝の気温は沿岸で4度、内陸で1度前後と内陸を中心に厳しい冷え込みになっています。この後も全国的には冬型が続きますが、九州は気圧の谷と寒気の影響を受ける見込みです。このため、今日の九州北部地方は曇りicon02で夜は所により雨や雪が降るでしょう。大分など東部では時々晴れ間icon01が出ますが、それでも昨日より日差しが少なく洗濯物は乾き難く軒下か室内干しが良いでしょう。最高気温は昨日より1、2度高く10度前後と平年並みです。日差しが少なく風が冷たく寒いのでマフラーや手袋など寒さ対策をして出掛けましょう。

 明日は冬型で寒気が強まり曇りicon02。土日は冬型気圧配置が強まり更に強い寒気が流れ込むため曇りicon02で、土曜日は一時雪icon04や雨icon03が降るでしょう。九州では大雪になることはありませんが北風が強く荒れた天気になります。今度の土日は家でのんびりするのがお勧めです。センター試験など予定のある方は時間に余裕を持った方が良いでしょう。そして、月曜日から木曜日にかけては冬型が若干緩む日もありますが寒気と気圧の谷の影響で曇りicon02の天気が続くでしょう。

 気温は平年を下回るicon15日が続き、特に土日は厳しい寒さになります。風邪やインフルエンザにならない様、体調管理最優先で過ごしましょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 06:29Comments(0)短期・週間

2017年01月11日

冬晴れ

 日本付近は冬型気圧配置になっています。九州北部地方は大陸の高気圧に覆われ晴れている所が多いですが、東シナ海と対馬海峡沿岸では寒気の影響で曇っている所があります。朝の気温は沿岸で6度、内陸で2度前後と内陸を中心に冷え込んでいます。この後も冬型気圧配置が続き九州は大陸の高気圧に覆われる見込みです。このため、今日の九州北部地方は内陸を中心に晴れicon01るでしょう。東シナ海と対馬海峡沿岸では朝晩曇りicon02ますが、雨や雪の降る所は少なく傘の出番はほとんどないでしょう。洗濯物も外に干せる所が多いでしょう。最高気温は昨日より2、3度低く9度前後と真冬並みです。北西の風も冷たくとても寒いのでマフラーや手袋など寒さ対策をしっかりして行きましょう。

 明日は寒気と気圧の谷の影響で曇りicon02。明後日から日曜日にかけては冬型気圧配置が強まり強い寒気が流れ込むため曇りicon02で山地では雪icon04の降る冬空が広がります。月曜日は冬型が緩み晴れ間icon01が出て、火曜日は気圧の谷の影響で一時雨icon03が降り、水曜日は高気圧に覆われ晴れicon01るでしょう。

 気温は平年を下回るicon15日が多く土日を中心に厳しい寒さになります。風邪やインフルエンザにならない様、体調管理最優先で過ごしましょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 05:58Comments(0)短期・週間

2017年01月10日

洗濯チャンス

 日本付近は冬型気圧配置になっています。九州北部地方は大陸の高気圧に覆われ晴れている所が多いですが対馬海峡と東シナ海沿岸では寒気の影響で曇っています。朝の気温は沿岸で6度、内陸で3度前後と内陸を中心に冷え込んでいます。この後も冬型気圧配置で大陸の高気圧に覆われ今日の九州北部地方は晴れicon01るでしょう。沿岸を中心に寒気の影響で時々曇りicon02ますが雨や雪の心配は無く洗濯物は外に干して大丈夫でしょう。ただ、北西の風がやや強く吹くので洗濯物は飛ばされない様、しっかり留めておきましょう。最高気温は昨日より1、2度低く11度前後と2月中旬並みです。風が冷たく寒いのでマフラーや手袋など寒さ対策をしっかりして行きましょう。

 明日も高気圧に覆われ晴れicon01。明後日は寒気と気圧の谷の影響で曇りicon02。金土日は強い冬型気圧配置で断続的に強い寒気が流れ込み曇icon02りで山地では雪icon04の降る冬空が続くでしょう。月火も寒気の影響で曇りicon02ますが、山の風下側となる大分県など東部では晴れ間icon01が出るでしょう。

 気温は平年並みかそれを下回りicon15週末を中心に厳しい寒さになります。急に寒くなるので風邪やインフルエンザにならない様、体調管理最優先で過ごしましょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 05:12Comments(0)短期・週間

2017年01月09日

風冷え

 気圧の谷の影響で九州北部地方は曇っていて所々で雨が降っています。朝の気温は平地で11度、山地でも8度前後ととても暖かい朝になっています。この後、気圧の谷が東へ去り、九州は次第に大陸の高気圧に覆われる見込みです。このため、今日の九州北部地方は午前中曇りicon02で所々で雨が降り、昼過ぎから次第に晴れicon01るでしょう。洗濯物は軒下か室内干しで午前中は折り畳み傘を持ち歩きましょう。最高気温は昨日より1、2度低い所が多く12度前後と2月下旬並みです。風が冷たく寒いのでマフラーや手袋など寒さ対策をして行きましょう。

 明日と明後日は大陸の高気圧に覆われ晴れicon01。木曜日から来週月曜日にかけては冬型気圧配置が続き強い寒気が流れ込むため曇りicon02の天気で山地では雪icon04の降る冬空が続くでしょう。

 気温は明日から平年並みかそれを下回りicon15週末を中心に厳しい寒さになります。風邪など引かない様、体調管理最優先で過ごしましょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 06:14Comments(0)短期・週間