プロフィール
佐藤栄作
佐藤栄作
九州朝日放送 KBCテレビ『アサデス。』と『サワダデース』、KBCラジオ『川上政行 朝から しゃべりずき!』にお天気キャスターとして出演中。
早起きとお天気のツボ押しが特技のフリーランスの気象予報士です。(株)風見屋 代表取締役
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
オーナーへメッセージ
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 39人

2017年10月17日

前線少し南下

 九州南岸付近に停滞している前線の影響で九州は雨や曇りの天気になっています。朝の気温は北部で17度、南部で19度前後と平年並みの涼しい朝になっています。この後、前線は少し南下する見込みです。このため、北部では朝まで雨icon03で昼前から曇りicon02、中部では午前中雨icon03で昼過ぎから曇りicon02、南部では昼過ぎまで雨icon02で所により雷icon05を伴い夕方から曇りicon02でしょう。最高気温は北部と中部では昨日より1から3度高く21度前後と10月下旬並みで肌寒く、南部は昨日より1度低く24度前後と平年並みでしょう。

 明日は前線が北上するため南部は断続的に雨icon03が降り雷icon05を伴う所が有り、中部では昼過ぎから北部では夕方から雨icon03でしょう。明後日は前線と湿った空気の影響で曇りicon02、湿った東風の影響を受ける大分県では一日雨icon03でしょう。金曜日は北から高気圧に覆われ北部や西部では晴れ間icon01が出て、土曜日は湿った空気の影響で次第に曇りicon02、南部と東部では雨icon03が降るでしょう。日月は台風からの湿った空気の影響で雨icon03が降り、火曜日まで湿った空気の影響が残り曇りicon02や雨icon03の天気でしょう。

 気温は明後日まで平年を下回りicon15肌寒く、週末からは平年を上回るicon14でしょう。

 台風21号はフィリピンの東海上を西寄りに進んでいます。この後、向きを北寄りに変えて発達し金曜日には非常に強い勢力となり北上を続けて日曜日には日本の南海上へと進んでくる見込みです。その後も北上して来週始めは全国的に大きな影響が出そうです。今後の動きに要注意でしょう。
17日6時の台風21号予想進路




同じカテゴリー(短期・週間)の記事画像
今日まで秋晴れ
秋晴れ続く
秋晴れ
風冷え
下り坂
貴重な晴れ間
同じカテゴリー(短期・週間)の記事
 曇り後晴れ (2017-11-20 07:01)
 冬空へ (2017-11-18 10:53)
 下り坂 (2017-11-17 07:17)
 乾燥注意 (2017-11-16 07:27)
 冬晴れ (2017-11-15 06:58)
 回復風冷え (2017-11-14 06:58)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。