プロフィール
佐藤栄作
佐藤栄作
九州朝日放送 KBCテレビ『アサデス。』と『サワダデース』、KBCラジオ『小林徹夫のアサデス。ラジオ』にお天気キャスターとして出演中。
早起きとお天気のツボ押しが特技のフリーランスの気象予報士です。(株)風見屋 代表取締役
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
オーナーへメッセージ
インフォメーション

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 42人

スポンサーサイト

上記の広告は2週間以上更新のないブログに表示されています。 新しい記事を書くことで広告が消せます。  
Posted by スポンサー広告 at

2013年10月03日

ゆっくり回復

 気圧の谷の影響で九州北部地方は曇っていて一部で雨が降っています。朝の気温は平地で21度、山地で17度前後と9月中旬並みで暖かい朝になっています。この後、気圧の谷が午前中に九州を通過し、次第に北から高気圧に覆われる見込みです。このため、今日の九州北部地方は午前中曇りicon02一時雨の降る所があり、昼過ぎから晴れicon01るでしょう。午後はPM2.5多い予想なので洗濯物は室内干しが良いでしょう。また、午前中は折り畳み傘があると安心でしょう。最高気温は昨日より3度低く26度前後と平年並みです。北東の風がやや強く涼しいので長袖や軽い上着でちょうど良いでしょう。

 明日は北から高気圧に覆われ晴れicon01時々曇りicon02。明後日から日曜日にかけては高気圧の周辺部で曇りicon02時々晴れicon01、湿った東風の影響で大分県では一時雨icon03が降るでしょう。月火も高気圧の周辺部で曇りicon02時々晴れicon01。水木は湿った空気の影響で曇りicon02でしょう。

 気温は明日まで平年並みで北風が涼しいですが、明後日から平年を上回るicon14様になり来週は湿度が高く蒸し暑さが戻るでしょう。

 台風23号はフィリピンの東海上をゆっくりと北上しています。この後、発達しながら北上し、土日に沖縄付近を通過し、その後東シナ海を北上する見込みです。九州からは離れた所を通る確率が高くなりましたが、湿った空気が流れ込み土日は不安定な天気で九州山地の東側では雨icon03が降るでしょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 07:15Comments(2)短期・週間

2013年10月02日

秋雲広がる

 高気圧に覆われ九州北部地方は晴れている所が多いですが、気圧の谷の雲が東シナ海や対馬海峡に広がっています。この後、高気圧は東へ去り気圧の谷が近づいてくる見込みです。このため、今日の九州北部地方は曇りicon02時々晴れicon01でしょう。熊本県など九州中部では晴れる時間が長く、曇りがちの対馬海峡の沿岸部でも雨の降る所は少ないでしょう。洗濯物は軒下干しが安心ですが、日の差す時間があり乾きは良いでしょう。夜になると北岸部で雨の降る所があるので、帰りが夜7時より遅くなる方は折り畳み傘があると安心でしょう。最高気温は昨日より1度低く北部で28度、中部で30度と9月中旬並みです。昼間は長袖だと暑いでしょう。今日は綺麗な秋の雲が広がりそうです。時間があったら空を見上げてみて下さい。




 明日は朝まで曇りicon02ますが、北から高気圧に覆われ昼前から晴れicon01。この高気圧は中国大陸からPM2.5を運んできそうで、明日はPM2.5が多く飛びそうです。洗濯は今日のうちがお勧めです。明後日も高気圧に覆われ晴れicon01ますが、湿った南東風が入るため大分県など東岸の地方では曇りicon02がちの天気でしょう。土日は台風からの湿った空気が流れ込み曇りicon02時々晴れicon01。月曜日から火曜日にかけては高気圧の周辺部で時折晴れicon01ますが、曇りicon02がちの天気が続くでしょう。

 気温は明日から土曜日まで平年並みで風が涼しく、日曜日からは平年を上回りicon14更に湿度が高く蒸し暑さが戻るでしょう。

 関東地方の南海上にある台風22号は明日にかけて本州の東海上を北上します。東日本と北日本では風が強まりますが、九州への影響は無いでしょう。そして、フィリピンの東海上の台風23号はこの後、発達し強い台風となって沖縄土曜日には沖縄本島付近まで進んできます。その後、日曜日と月曜日は東シナ海を北上する見込みです。九州には台風から湿った空気が流れ込み土日を中心に不安定な天気になるでしょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 07:15Comments(0)短期・週間

2013年10月01日

秋晴れ

 高気圧に覆われ九州は晴れている所が多いですが、所々でが出ています。朝の気温は平地で19度、山地で16度前後と9月下旬並みの涼しい朝になっています。この後も高気圧に覆われ今日の九州北部地方は晴れicon01るでしょう。朝の内はまだ霧が出て、対馬海峡の沿岸部では曇りicon02一時雨の降る所もありますが、昼前には晴れて洗濯物も外に干せる様になるでしょう。最高気温は昨日より4度か5度高く29度前後と9月上旬から中旬並みです。内陸では真夏日になる所もあり昼間は暑くなります。朝との温度差が10度前後と大きいので調節の利く服装で行きましょう。

 明日は高気圧が東へ去り気圧の谷が近づきます。このため、午前中は晴れicon01て昼過ぎから曇りicon02、対馬海峡の沿岸部では一時雨の降る所もあるでしょう。木金は気圧の谷の影響で曇りicon02時々晴れicon01。土日は湿った空気の影響で曇りicon02。月火は高気圧の周辺部で曇りicon02時々晴れicon01でしょう。

 気温は木金と平年並みで風が涼しいですが、土曜日からは平年を上回りicon14蒸し暑くなるでしょう。

 昨日朝9時に発生した台風22号は父島の北にあり西北西に30キロの速度で進んでいます。この後、次第に向きを北に変えて明日、本州の東海上を北上し明後日には三陸沖で温帯低気圧に変わる見込みです。九州への影響は無いですが、東日本と北日本では風邪が強まるでしょう。一方、昨日夜9時にフィリピンの東海上で発生した台風23号はこの後発達し強い台風となり沖縄の南海上へと進みます。その後も北上し土日にも沖縄本島付近にかなり接近しそうです。九州でも台風からの湿った空気が流れ込んだり、風が強まるなどの影響が出そうです。今後の23号の動きには注意しましょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 07:16Comments(0)短期・週間