プロフィール
佐藤栄作
佐藤栄作
九州朝日放送 KBCテレビ『アサデス。』と『サワダデース』、KBCラジオ『小林徹夫のアサデス。ラジオ』にお天気キャスターとして出演中。
早起きとお天気のツボ押しが特技のフリーランスの気象予報士です。(株)風見屋 代表取締役
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
オーナーへメッセージ
インフォメーション

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 43人

2018年05月03日

強風注意

大陸の高気圧に覆われて九州は晴れています。

朝の気温は平地で14度、山地で12度前後と平年並みですが西風が5メートル前後吹いていて風の冷たい朝になっています。

この後も九州は高気圧に覆われ日中は晴れicon01ますが、夜は上空に寒気を伴う気圧の谷が通過するため曇りicon02、北部では所々で雨icon03や雷雨icon05があります。

洗濯物は昼過ぎまで外に干せて、夕方以降は折り畳み傘を持ち歩いた方が良いでしょう。

最高気温は内陸で昨日と同じくらい、沿岸では2、3度低く21度前後と4月下旬並みです。

風が冷たく体感温度は15度くらいなのでスプリングコートなど上着をしっかり着て行きましょう。


明日も高気圧に覆われ晴れicon01

明日まで西風がやや強く吹くのでアウトドアレジャーなどは強風に要注意でしょう。

明後日は南から高気圧に覆われ晴れicon01

日曜日は気圧の谷が近づいて曇りicon02、熊本県より南では雨icon03が降り出してくるでしょう。

月曜日は前線が南下するため雨icon03が降り、

火水は高気圧に覆われ晴れicon01て、

木曜日は高気圧が東へ去り次第に曇るicon02でしょう。


気温は明日まで平年を下回りicon15土曜日からは平年並みかそれを上回りicon14度々汗ばむicon10陽気になるでしょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 06:59Comments(0)短期・週間

2018年05月02日

低気圧通過

東シナ海から九州南部に前線が伸びているため九州は雨や曇りの天気になっていて熊本県ではやや強い雨が降っています。

朝の気温は19度前後と6月並みの暖かい朝になっています。

このあと、前線上に低気圧が発生し今日の午後九州を通過する見込みです。

このため、今日の九州は雨icon03で南部を中心に雷icon05を伴って激しく降る所があるでしょう。

北部は夕方まで雨icon03が降ったり止んだりの天気で夜は曇りicon02でしょう。

九州南部を中心に局地的に雷icon05を伴い1時間に40ミリ激しい雨が降り、雨量は多い所で100ミリ大雨になる恐れがあります。

短い時間に降る激しい雨に注意して過ごしましょう。

最高気温は北部で昨日より3から5度低く、南部は昨日と同じくらいで共に23度前後と大体平年並みです。

湿度が高く蒸し暑いでしょう。


明日は高気圧に覆われ中部より南では晴れicon01て、北部は気圧の谷の影響で曇りicon02時々晴れicon01で所により雨が降るでしょう。

明後日は高気圧に覆われ晴れicon01

博多どんたく港まつりは晴れ間の多い天気ですが風が冷たく寒いので暖かくして出かけましょう。

土曜日まで高気圧に覆われスッキリ晴れicon01て、日曜日は高気圧が東へ去り曇りicon01でしょう。

土曜日まで行楽日和で日曜日も日中は雨の確率が低くお出かけ日和でしょう。

そして、月火は前線がゆっくり南下するため雨icon03が降り、

水曜日は高気圧に覆われ晴れ間icon01が戻るでしょう。


気温は明日明後日平年を下回りicon15風が冷たく寒くなり、

土曜日に平年を上回りicon14暑さが戻り、

来週初めは平年を下回りicon15肌寒いでしょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 07:15Comments(0)短期・週間

2018年05月01日

下り坂

高気圧に覆われて九州は晴れている所が多いですが、湿った空気の影響で南部では曇っている所があります。

朝の気温は平地で17度、山地で12度前後と5月中旬並みの清々しい朝になっています。

この後、高気圧は東へ去り東シナ海に前線が伸びてくる見込みです。

このため、今日の九州は南部では朝から曇りicon02で昼前後から雨icon03、北部は午前中晴れicon01て昼過ぎから曇り夜は広く雨icon03になります。

午後は次第に傘が活躍するでしょう。

最高気温は昨日より1、2度低い所が多く北部で25度、南部で22度前後でしょう。

平年並みから5月下旬並みで昼間は上着が要らないくらいでしょう。


明日は低気圧が発達しながら朝鮮半島から日本海へ進み低気圧から伸びる寒冷前線が午後九州を通過する見込みです。

このため、雨icon03で雷icon05を伴って非常に激しく降る所があるでしょう。

九州南部を中心に局地的に雷を伴い1時間に50ミリ非常に激しい雨が降り、雨量は多いところで100ミリ大雨になる恐れがあります。

明日は雨の降り方に要注意でしょう。


明後日は高気圧が進んでくるため中部より南では晴れ間icon01が戻りますが、北部は寒気の影響で曇りicon02一時雨icon03でしょう。

金土は高気圧に覆われ晴れicon01て日曜日は高気圧が東へ去り晴れicon01後曇りicon02でしょう。

ゴールデンウィーク終盤はまずまずの行楽日和ですface02

そして月曜日は気圧の谷が通過し曇りicon02一時雨icon03で火曜日は高気圧に覆われ晴れicon01るでしょう。


気温は木金に平年を下回りicon15肌寒く、その他は平年並みかそれを上回りicon14暖かい日が多いでしょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 08:13Comments(0)短期・週間