プロフィール
佐藤栄作
佐藤栄作
九州朝日放送 KBCテレビ『アサデス。』と『サワダデース』、KBCラジオ『小林徹夫のアサデス。ラジオ』にお天気キャスターとして出演中。
早起きとお天気のツボ押しが特技のフリーランスの気象予報士です。(株)風見屋 代表取締役
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
オーナーへメッセージ
インフォメーション

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 43人

2020年01月29日

不安定

西日本な冬型気圧配置になっています。

大陸の高気圧に覆われ中部より南では晴れていて、北部は寒気の影響で曇り一部で雨が降っています。

朝の気温は沿岸で9度、内陸で6度前後と3月下旬から4月上旬並みの暖かい朝になっています。

この後も冬型が続き上空の寒気強まる見込みです。

このため、今日の九州は大分など東部で午前中晴れicon01て昼過ぎから曇りicon02

その他の地方は朝から曇るicon02ところが多く北部を中心に時々雨icon03が降り雷icon05を伴うでしょう。

午後は大気の状態が不安定になり霰や雹の降る所があり落雷や突風にも要注意でしょう。

最高気温は昨日より2から4度低く北部で12度、南部で14度前後でしょう。

2月中旬から下旬並みで北風が冷たく寒いのでマフラーや手袋など寒さ対策をして行きましょう。


明日も冬型が続き上空5400メートr付近で−30度以下の寒気が流れ込み大気の状態が非常に不安定になります。

このため、北部では雷icon05を伴って雨icon03や雪icon04が昼過ぎまで降り夕方から曇りicon02

中部は曇りicon02で昼前まで時々雨icon03や雷雨icon05

南部は朝まで雨icon03や雷雨icon05で昼前から曇りicon02夕方から晴れicon01るでしょう。

北部では明日の昼過ぎまで落雷や突風、降雹、そして天気の急変に要注意でしょう。

明後日は冬型で寒気の影響が残り曇りicon02

土曜日から寒気が弱まり晴れ間icon01が戻り、

日曜日は高気圧に覆われ晴れicon01て土日は行楽日和でしょうface02

そして、月曜日から水曜日にかけては移動性高気圧に覆われ晴れ間icon01の多い天気でしょう。


気温は明後日までは平年並みの寒さになり来週は寒さが緩みます。

温度変化が大きいので風邪など引かない様、体調管理をしっかり行いましょう。


同じカテゴリー(短期・週間)の記事画像
冬晴れ
風冷え
下り坂
小雪に大雨
小春日和戻る
大雨
同じカテゴリー(短期・週間)の記事
 花粉注意 (2020-02-20 06:38)
 寒い雨水入り (2020-02-19 06:34)
 回復 (2020-02-18 07:20)
 大雪注意 (2020-02-17 07:22)
 前線のち寒気 (2020-02-14 07:19)
 回復 (2020-02-13 06:45)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。