プロフィール
佐藤栄作
佐藤栄作
九州朝日放送 KBCテレビ『アサデス。』と『サワダデース』、KBCラジオ『川上政行 朝から しゃべりずき!』にお天気キャスターとして出演中。
早起きとお天気のツボ押しが特技のフリーランスの気象予報士です。(株)風見屋 代表取締役
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
オーナーへメッセージ
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 37人

2014年10月31日

曇天

 気圧の谷の影響で九州北部地方は曇っています。朝の気温は平地で17度、山地でも14度前後と10月上旬並みの暖かい朝になっています。この後、気圧の谷が近づいて東シナ海に低気圧や前線が発生し九州に近づいてきます。このため、今日の九州北部地方はどんより曇りicon02、所により雨が降るでしょう。洗濯物は軒下か室内干しで折り畳み傘を持ち歩きましょう。最高気温は昨日と同じくらいで23度前後と10月中旬並みです。曇る割には暖かく過ごし易いです。あまり厚着をすると暑く感じるでしょう。

 明日は低気圧が対馬海峡を通過し前線の影響も受ける見込みです。このため、曇りicon02で未明から昼前にかけて雨icon03が降るでしょう。雨量は10から20ミリで一時やや強く降る所があるでしょう。明後日は深い気圧の谷が通過するため曇りicon02一時雨icon03。月曜日は冬型気圧配置で寒気の影響を受けて曇りicon02でしょう。明日からの三連休はお出かけには生憎の天気です。特に日曜日と月曜日は風が強く荒れるのでアウトドアレジャーなどは要注意です。

 火曜日は高気圧に覆われ晴れicon01てきて、水曜日まで晴れicon01の天気が続くでしょう。木曜日は気圧の谷の影響で曇りicon02、金曜日は北から高気圧に覆われ曇りicon02時々晴れicon01でしょう。

 気温は平年並みかそれを上回るicon14日が多いですが、月曜日から水曜日にかけて平年を下回りicon15一時的に11月下旬並みの寒さになります。暖房器具の準備は日曜日までに済ませましょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 05:15Comments(0)短期・週間

2014年10月30日

秋空

 気圧の谷の影響で九州北部地方は曇っていますが、雨の降っている所は無い様です。朝の気温は平地で13度、山地で10度前後と平年を少し上回っていて、涼しい朝になっています。この後も九州北部地方は気圧の谷の影響を受け曇りicon02ますが上層の薄雲主体で雨が降る事は無く、朝から昼前は一時晴れicon01るでしょう。まずまずの洗濯日和で外に干して大丈夫でしょう。最高気温は昨日より2度高く23度前後と10月中旬並みです。朝との温度差が10度以上と大きく昼間は上着が要らない陽気になります。今日も調節の利く服装で行きましょう。

 明日は東シナ海に前線が伸びてくるため曇りicon02。土曜日は前線が九州を北上し曇りicon02一時雨icon03。日曜日は深い気圧の谷が近づき、寒冷前線が夜に通過するため曇りicon02後雨icon03でしょう。月曜日文化の日は冬型気圧配置で寒気の影響を受けるため曇りicon02木枯らしが吹くでしょう。日曜日から月曜日にかけては風が強まり荒れた天気になります。土曜日からの三連休はお出かけには生憎の天気で、特に日月にアウトドアレジャーを予定している方は要注意でしょう。火曜日は高気圧に覆われ晴れicon01てきて、水曜日まで秋晴れicon01が続くでしょう。そして、、木曜日は気圧の谷が近づき曇りicon02時々晴れicon01でしょう。

 気温は日曜日まで平年を上回りicon14暖かく過ごしやすいですが、月火は平年を大きく下回りicon1511月下旬並みの寒さとなります。灯油や暖房器具の準備は日曜日までに済ませておきましょう。
  

Posted by 佐藤栄作 at 06:11Comments(0)短期・週間

2014年10月29日

秋晴れ

 高気圧に覆われ九州北部地方は晴れています。朝の気温は平地で9度、山地で6度前後と多くの所でこの秋一番冷え込みとなっていて、11月中旬並みの寒い朝になっています。この後も高気圧に覆われ今日も九州北部地方は晴れicon01るでしょう。時々上層の薄雲が広がりますが、雨が降る事は無く洗濯日和でお布団も外に干して大丈夫icon100でしょう。最高気温は昨日と同じくらいで22度前後と平年並みです。昼間は過ごしやすくなりますが、朝との温度差が10度以上と大きいので今日も調節の利く服装で行きましょう。

 明日は高気圧がゆっくり東へ去り、晴れicon01昼過ぎから時々曇りicon02。明後日は気圧の谷が近づいて曇りicon02時々晴れicon01でしょう。土曜日は温暖前線が通過し曇りicon02一時雨icon03で、日曜日は寒冷前線が通過するため曇りicon02時々雨icon03でしょう。月曜日文化の日は冬型気圧配置となり強い寒気が流れ込むため曇りicon02、対馬海峡の沿岸では時雨れicon03るでしょう。また風が強く荒れた天気で三連休はお出かけには生憎の天気でしょう。そして、火曜日まで寒気の影響で曇りicon02、水曜日は高気圧に覆われ晴れicon01るでしょう。

 気温は日曜日まで平年並みかそれを上回りicon14過ごし易いですが、来週前半は11月下旬並みの寒さとなります。暖房器具や厚手の上着はこの週末に準備しておきましょう。
  

Posted by 佐藤栄作 at 06:09Comments(0)短期・週間

2014年10月28日

快晴

 高気圧に覆われ九州北部地方は晴れています。朝の気温は平地で12度、山地で6度前後と所々でこの秋一番の冷え込みになっています。この後も高気圧に覆われ今日の九州北部地方は晴れicon01るでしょう。絶好の洗濯日和でお布団も外に干して大丈夫icon100です。最高気温は昨日と同じくらいで22度前後と平年並みです。日中は爽やかな陽気になりますが朝との温度差が10度前後と大きいので調節の利く服装で行きましょう。

 明日と明後日も高気圧に覆われ晴れicon01。金曜日は高気圧が東へ去り曇りicon02時々晴れicon01。土曜日は気圧の谷が近づき下り坂icon15で一時雨icon03が降り、日曜日は寒冷前線が近づき時々雨icon03でしょう。月曜日文化の日も前線が通過するため雨icon03のち曇りicon02で三連休はお出かけには生憎の天気ですicon41。連休明け火曜日は高気圧に覆われ晴れicon01るでしょう。

 気温は日曜日まで平年並みで、朝は冷え込む日もありますが過ごしやすく、来週初めは木枯らしが吹き寒気が流れ込んで寒くなります。来週は暖房器具が必要になるので、日曜日までに準備しておきましょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 05:13Comments(0)短期・週間

2014年10月24日

秋晴れ続く

 高気圧に覆われて九州北部地方は晴れています。朝の気温は平地で12度前後、山地で5から9度と所々でこの秋一番冷え込みになっています。この後も高気圧に覆われ今日も九州北部地方は晴れicon01るでしょう。洗濯日和でお布団も安心して外に干せるicon100でしょう。最高気温は昨日より1度高く23度前後と10月中旬並みです。日向では暖かくなりますが、朝との温度差が10度以上と大きいです。調節の利く服装で行きましょう。

 明日も高気圧に覆われ晴れicon01る所が多いですが、高気圧の縁を回る東風の入る大分県では曇りicon02がちの天気でしょう。日曜日と月曜日は気圧の谷の影響で曇りicon02がちの天気ですが時々晴れ間icon01が出て、土日ともまずまずのお出かけ日和でしょうface01。火曜日から金曜日にかけては高気圧に覆われ秋晴れが続くでしょうface02

 気温は平年並みかそれを上回ります。朝晩は冷え込む日がありますが、昼間は過ごしやすい日が多いでしょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 05:11Comments(0)短期・週間

2014年10月23日

回復

 東シナ海に進んできている高気圧に覆われ九州北部地方は晴れています。朝の気温は平地で16度、山地で13度前後と山地を中心に冷え込んでいます。この後も高気圧に覆われ今日の九州北部地方は晴れicon01るでしょう。洗濯日和で厚手の物も良く乾くでしょう。最高気温は昨日より2度高く北岸部で22度、内陸で24度と平年並みです。爽やかな陽気ですが内陸では朝との温度差が10度以上と大きいので調節の利く服装で行きましょう。

 明日と明後日も高気圧に覆われ晴れicon01。日月は気圧の谷の影響で曇りicon02ますが時々晴れ間icon01が出るでしょう。今度の土日はまずまずのお出かけ日和ですface01。そして、火曜日から木曜日にかけては高気圧に覆われ秋晴れicon01が続くでしょう。

 気温は平年並みかそれを上回りicon14過ごしやすい日が多いでしょう。

 今日から二十四節気の霜降、霜の降りる頃と言う意味です。ただ、九州北部で霜が降りるのは平年で11月中旬から12月中旬でまだ一カ月以上先です。冬支度はゆっくりで間に合いますface02icon100。  

Posted by 佐藤栄作 at 05:17Comments(0)短期・週間

2014年10月22日

冷たい雨

 九州付近に停滞している前線の影響で九州北部地方は曇っていて、熊本県や大分県では雨が降っています。朝の気温は20度前後と9月下旬並みの暖かい朝になっています。この後、前線は九州付近で弱まりますが気圧の谷の影響を受ける見込みです。このため、今日の九州北部地方は夕方まで雨icon03で昼前までは雷を伴う所があるでしょう。夜になると雨は上がり曇りicon02でしょう。北東の風がやや強く吹くので洗濯物は室内干しで、大きくてしっかりした傘が活躍するでしょう。最高気温は昨日より5、6度低く21度前後と11月上旬並みです。朝は暖かいですが、北風がとても冷たく吹くので風を通しにくい服装で行きましょう。

 明日は湿った空気の影響で朝の内曇りicon02ますが、高気圧に覆われ昼前から晴れicon01るでしょう。金曜日は高気圧に覆われすっきり晴れicon01て、土曜日は高気圧が東へ去り晴れicon01後曇りicon02でしょう。日曜日は気圧の谷の影響で曇りicon02ますが、時々晴れ間icon01も出て土日ともまずまずの行楽日和ですface02。そして、月曜日から水曜日にかけては高気圧に覆われ秋晴れが広がるでしょう。

 気温は平年並みかそれを上回りicon14過ごしやすい日が多いでしょうface01。  

Posted by 佐藤栄作 at 05:15Comments(0)

2014年10月21日

下り坂

 九州北部地方は晴れている所もありますが、朝鮮半島南岸に停滞している前線の影響で対馬海峡沿岸から曇ってきています。朝の気温は平地で18度、山地で16度前後と9月下旬並みの暖かい朝になっています。この後、前線上に低気圧が発生し南下して夜には九州北部付近に近づく見込みです。このため、今日の九州北部地方は午前中曇りicon02で昼過ぎから時々雨icon03になり、夜は雷icon05を伴って強く降る所があるでしょう。洗濯物は室内干しで、午後は雨傘必携でしょう。帰りが夜になる方はレインブーツなどを履いて行くと活躍するでしょう。最高気温は昨日より1度高く27度前後と9月下旬並みです。昼間は蒸し暑く上着が要らないくらいでしょう。

 明日は前線が南海上へ下がりますが、気圧の谷と湿った空気の影響で日中は雨icon03で夜遅く曇りicon02でしょう。北東の風が強まって明日は強風と高波に要注意です。明後日は東シナ海に高気圧が進んできて熊本など内陸は晴れicon01て、北岸部は湿った空気の影響を受け曇りicon02一時晴れicon01でしょう。金曜日は高気圧に覆われ秋晴れが広がり、土曜日から月曜日にかけては気圧の谷の影響で曇りicon02時々晴れicon01。今度の土日はまずまずのお出かけ日和でしょう。そして、火曜日は高気圧に覆われスッキリ晴れicon01るでしょう。

 気温は明日と明後日風が冷たく平年を下回りicon15ますが、その後は平年を少し上回りicon14過ごしやすい日が多いでしょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 05:03Comments(2)短期・週間

2014年10月20日

薄曇り

 前線の雲が対馬海峡に広がってきていますが、九州北部地方は晴れている所が多い様です。朝の気温は平地で15度、山地で12度前後と10月上旬並みの暖かい朝になっています。この後も前線が朝鮮半島付近に停滞し北部を中心に曇りicon02ますが、上層の薄雲主体で熊本県など南の地方では晴れicon01るでしょう。曇っても雨が降る事は無く洗濯物は外に干して大丈夫icon105そうです。気温は昨日と同じくらいの所が多く25度前後と10月上旬並みです。昼間は上着が要らないくらいでしょう。

 明日は前線が対馬海峡から南下してくるため天気は下り坂icon15です。午前中は次第にどんより曇りicon02、昼過ぎから雨icon03。明後日は前線が九州を南下するため雨icon03後曇りicon02でしょう。木曜日は高気圧に覆われ晴れicon01て、金曜日は高気圧が東へ去り晴れicon01後曇りicon02。そして、土曜日から月曜日は気圧の谷の影響で曇りicon02がちの天気でしょう。

 気温は平年並みかそれを上回り暖かい日が多いでしょうface01。  

Posted by 佐藤栄作 at 05:18Comments(0)短期・週間

2014年10月17日

秋晴れ続く

 上空の薄雲がかかっていますが、移動性高気圧に覆われて九州北部地方は晴れています。朝の気温は平地で13度、山地で10度前後と昨日ほどでは無いですが10月下旬並みで寒い朝になっています。この後も高気圧に覆われ今日も九州北部地方は晴れicon01るでしょう。時々薄雲icon02が広がりますが、綺麗な秋の雲で雨の心配は無く洗濯日和ですicon100。最高気温は昨日より1度高く23度前後と平年並みです。日中は爽やかな陽気ですが朝との温度差が10度前後と大きいので調節の利く服装で行きましょう。

 明日と明後日も高気圧に覆われ晴れicon01。土日とも安定した秋晴れで絶好の行楽日和でしょうface02。月曜日は高気圧が東へ去り曇りicon02時々晴れicon01、火曜日は前線が伸びてきて一時雨icon03が降るでしょう。そして、水曜日から木曜日にかけて低気圧が対馬海峡をゆっくり通過するため断続的に雨icon03が降り、ある程度まとまった雨になります。金曜日になると高気圧が進んできて次第に晴れicon01てくるでしょう。

 気温は来週始めに平年を少し上回りますが涼しい日が多いでしょうface01。  

Posted by 佐藤栄作 at 05:19Comments(0)短期・週間

2014年10月16日

秋空

 高気圧に覆われて九州北部地方は晴れている所が多いですが、気圧の谷の影響で対馬海峡の沿岸部など一部では曇っています。放射冷却が働き今朝は北部を中心にこの秋一番冷え込みとなっています。朝の気温は平地で11度、山地で8度前後と10月下旬並みの寒い朝になっています。この後、気圧の谷が午前中に通過し、その後は移動性高気圧に覆われる見込みです。このため、今日の九州北部地方は朝の内曇りicon02、昼前から晴れicon01てくるでしょう。曇っても雨が降るのは北岸部の極一部で、傘の出番はほとんどないでしょう。日中は洗濯日和で今日も厚手の物も良く乾くでしょう。最高気温は昨日より1度高く23度前後と平年並みです。爽やかな陽気になりますが、朝との温度差が10度以上と大きいので調節の利く服装で行きましょう。

 明日から日曜日にかけても高気圧に覆われ晴れicon01。今度の土日は絶好の行楽日和でしょうface02。月曜日は高気圧が東へ去り曇りicon02時々晴れicon01。火曜日は気圧の谷が近づき曇りicon02、水曜日は前線が通過し雨icon03が降るでしょう。木曜日は北に高気圧が進んできて曇りicon02時々晴れicon01でしょう。

 気温は来週始め平年を少し上回りますが、涼しい日が多いでしょうface01。  

Posted by 佐藤栄作 at 05:16Comments(0)短期・週間

2014年10月15日

洗濯日和

 九州北部地方は北岸部で多少曇っている他は、高気圧に覆われ晴れている所が多い様です。朝の気温は沿岸で14度前後、内陸では9度前後と冷え込んでいて内陸はこの秋一番冷え込みとなっています。この後も高気圧に覆われて今日の九州北部地方は晴れicon01るでしょう。沿岸部では時々曇りicon02ますが雨が降る事は無く洗濯日和でしょう。最高気温は昨日より1度高く22度前後と10月下旬並みです。爽やかな陽気ですが朝との温度差が10度前後と大きいので調節の利く服装で行きましょう。

 明日は気圧の谷が通過するため朝の内一時曇りicon02ますが、高気圧に覆われ昼前から晴れicon01るでしょう。金曜日から日曜日にかけても高気圧に覆われ秋晴れicon01が広がり、今度の土日は絶好の行楽日和でしょうface02。月曜日は気圧の谷が近づき曇りicon02、火水は気圧の谷が通過するため曇りicon02一時雨icon03でしょう。

 気温は明後日まで平年を下回りicon15朝は冷え込んで寒いですが、日中は爽やかで過ごしやすい日が多いでしょうface01。  

Posted by 佐藤栄作 at 05:57Comments(0)短期・週間

2014年10月14日

風冷え

 大型の台風19号は5時現在福島県付近を時速65キロで東北東に進んでいます。19号はこの後、朝の内に三陸沖に抜けて昼過ぎにも温帯低気圧に変わる見込みです。中国大陸には高気圧があり日本付近は西高東低の冬型気圧配置になります。九州北部地方は次第に大陸の高気圧に覆われますが、北風に乗って対馬海峡から低い雲が流れ込み曇りicon02がちの天気でしょう。内陸では午後に晴れ間icon01が出ますが、対馬海峡沿岸地方では一時小雨icon03が降るでしょう。洗濯物は軒下か室内干しで折り畳み傘を持ち歩きましょう。今日もまだ北風がやや強く吹くので洗濯物は飛ばされない様しっかり留めておきましょう。最高気温は昨日の昼間と同じくらいで22度前後と11月上旬並みです。北風も冷たく風冷えの一日で上着が無いと寒いでしょう。

 明日は高気圧に覆われ内陸では晴れicon01、北岸部はまだ寒気の影響で曇りicon02がちの天気でしょう。木曜日から日曜日にかけては移動性高気圧に覆われ秋晴れが広がり、月曜日は高気圧が東へ去り曇りicon02時々晴れicon01、火曜日は気圧の谷の影響で曇りicon02でしょう。

 気温は、今週は平年を下回りicon1511月並みの寒さで、日曜日から平年並みになり過ごしやすくなるでしょうface01。  

Posted by 佐藤栄作 at 06:09Comments(0)短期・週間

2014年10月13日

大荒れ

 大型で強い台風19号は鹿児島県の西にあり北東に25キロで進んでいます。九州南部と熊本県、長崎県、佐賀県と福岡県の一部が風速25メートル以上の暴風域に入っています。この後も北東に進み、9時前後に強い勢力を保ったまま鹿児島県に上陸し昼過ぎにかけて九州南部を横断する見込みです。九州北部にはこれから昼過ぎにかけて最接近し、暴風雨で大荒れとなります。陸上でも最大風速は25メートル吹くと予想され、瞬間的には35メートルの風が吹く恐れがあります。波も豊後水道ではうねりを伴って9メートルと猛烈な時化となり、九州西海上でも7メートルと大時化になります。雨は大分県などを中心に1時間に70ミリの非常に激しい雨が降り、多い所で200ミリの大雨になる恐れがあります。今日は暴風、高波、大雨、低い土地の浸水に警戒して過ごしましょう。

 19号は昼過ぎに日向灘に抜けてその後夕方にも四国に上陸し、夜にかけて近畿地方を縦断し、明日は東日本と北日本を縦断する見込みです。全国的には明日にかけて大きな影響が出るので遠出の予定のある方は時間にゆとりを持ちましょう。

 明日は気圧の谷の影響で曇り、福岡など対馬海峡沿岸では湿った北風の影響で一時雨が降るでしょう。内陸では午後時々晴れるでしょう。水曜日も気圧の谷の影響で曇りますが次第に晴れてくるでしょう。木曜日から日曜日にかけては高気圧に覆われ秋晴れが広がり、月曜日は高気圧が東へ去り曇り時々晴れでしょう。

 気温は今週中は平年を下回り10月下旬並みで朝晩は寒く昼間は涼しいでしょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 08:38Comments(0)短期・週間

2014年10月10日

秋晴れ後暴風雨

 大型で非常に強い台風19号は沖縄の南を北北西に10キロで進んでいます。この後も自転車並みの速度で北上を続け日曜日に沖縄本島と奄美大島付近を通過し、月曜日の朝には九州南部にかなり接近する恐れがあります。勢力は少し落ちますが強い勢力で九州に近づき、その後速度をやや上げて四国沖から紀伊半島へ進み火曜日に本州を縦断する見込みです。予報円の西側を通った場合九州に上陸する恐れがあり、九州は南部を中心に大雨、暴風、高波、高潮などの恐れがあります。九州北部でも台風が最接近する月曜日は暴風雨となり大荒れとなりそうです。また、風速15メートル以上の強風域の半径が500キロと大きく、速度が遅いため強風など台風の影響が長く続く恐れがあります。連休の後半は無理を控えて安全第一で過ごしましょう。

台風19号予想進路



 九州北部地方は北から高気圧に覆われ晴れicon01ています。朝の気温は平地で19度、山地で16度前後と10月上旬並みの涼しい朝になっています。この後も高気圧に覆われ今日も九州北部地方は晴れicon01るでしょう。爽やかな青空が広がり洗濯日和でお布団も外に干して大丈夫です。ただ、北西の風がやや強く吹くので洗濯物は飛ばされない様、しっかり留めておきましょう。最高気温は昨日と同じくらいで27度前後と9月下旬並みです。日陰では風が涼しいですが日向では汗ばむicon10陽気でしょう。

 明日も高気圧に覆われ晴れicon01。風は強まりますがお出かけ日和でしょうface01。明後日は台風から湿った空気が流れ込むため時々雨icon03が降り、月曜日は台風の影響で暴風雨icon03となるでしょう。火曜日まで気圧の谷の影響でどんより曇りicon02ますが、水曜日に晴れ間icon01が戻り、木曜日は秋晴れicon01が広がります。金曜日は気圧の谷の影響を受けますが晴れ間icon01が出るでしょう。

 気温は明日まで平年を上回りますが、来週は平年を3度前後下回りicon1511月並みの寒さです。来週は秋の上着が活躍するでしょう。
  

Posted by 佐藤栄作 at 06:24Comments(0)短期・週間

2014年10月09日

汗ばむ陽気

 猛烈な台風19号はフィリピンの東を北西に進んでいます。この後は北寄りに進み日曜日に九州の南海上まで進んで来る見込みです。次第に勢力を弱めますがそれでも非常に強い勢力で九州の南まで進み、月曜日体育の日に九州の南から九州の東海上を北東に進み四国・近畿地方へと進み、その後東日本と北日本を縦断する恐れがあります。予報円の西側を通ると月曜日に九州にかなり接近する恐れがあり、日曜日から月曜日にかけて九州南部と大分県など東側の地方を中心に暴風雨となり大荒れの天気になります。連休後半は無理を控えて安全第一で過ごしましょう。

 北から高気圧に覆われ九州北部地方は晴れています。朝の気温は平地で17度、山地で14度前後と平年並みで涼しい朝になっています。この後も高気圧に覆われ晴れicon01る所が多いでしょう。湿った東風の影響を受ける大分県では曇りicon02がちの天気で南部では一時雨の降る所があるでしょう。最高気温は大分県で昨日と同じくらいの他は、昨日より2度高く27度前後と9月下旬並みまで上がります。汗ばむicon10陽気になって昼間は上着が邪魔になるでしょう。

 明日と明後日も高気圧に覆われ晴れicon01て、台風の接近に伴って次第に風が強くなるでしょう。日曜日は台風の影響で時々雨icon03が降り、月曜日は台風が東海上を北上し暴風雨icon03となるでしょう。火曜日は気圧の谷の影響で曇りicon02、水曜日は谷が東へ去り晴れ間icon01が戻り、木曜日は高気圧に覆われ秋晴れicon01が広がるでしょう。

 気温は土曜日まで平年を上回りますが来週は平年を3度前後下回りicon15、11月並みの寒さとなります。来週は秋の上着が活躍しそうですface01。  

Posted by 佐藤栄作 at 05:24Comments(0)短期・週間

2014年10月08日

月食日和

 台風19号は予想以上に発達し猛烈な勢力となり中心気圧は900hPaまで深まり今年最も発達した台風となりました。連休を中心に全国的にも大きな影響が出るので要警戒の台風です。

 猛烈な台風19号はフィリピンの東海上を西よりに進んでいます。この後速度を遅くして向きを北寄りに変えて進む見込みで、土曜日には沖縄の東の海上まで北上し勢力は非常に強い見込みです。その後も北上を続けて日曜日に九州の南海上まで北上し月曜日にも九州にかなり接近する恐れがあります。九州では土曜日から風が強まり、月曜日を中心に暴風雨となり大荒れの天気になりそうです。暴風対策は金曜日までに済ませておきましょう。

 九州北部地方は北から高気圧に覆われて晴れています。放射冷却が働いて昨日より更に気温が下がり、朝の気温は平地で13度、山地で10度前後と10月下旬から11月上旬並みの寒い朝になっています。この後も高気圧に覆われますが、午後は高気圧と高気圧に挟まれた弱い気圧の谷の中に入り湿った東風が流れ込む見込みです。このため、晴れicon01ますが、昼過ぎから時々曇りicon02、大分県南部では雨の降る所があるでしょう。また、今夜の皆既月食は雲の切れ間から見える所が多いでしょう。ほとんどの所は洗濯日和でお布団も外に干して大丈夫でしょう。最高気温は昨日より2度高く26度前後と9月下旬並みです。日向では汗ばむ陽気となり朝との温度差が15度前後ととても大きいので調節の利く服装で行きましょう。

 明日と明後日も高気圧に覆われ晴れicon01。ただ、湿った東風の影響を受ける大分県では明日は曇りがちの天気でしょう。土曜日は高気圧が東へ去り曇りicon02時々晴れicon01。日曜日は台風が北上し時々雨icon03が降り、月曜日は台風が接近するため暴風雨となるでしょう。土曜日からの三連休は次第に大荒れとなるでしょう。火水は気圧の谷と寒気の影響で曇りicon02がちの天気ですが内陸を中心に時々晴れicon01るでしょう。

 気温は平年を上回る日もありますが、台風一過の来週はかなり涼しくなるでしょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 06:30Comments(0)短期・週間

2014年10月07日

秋晴れ

 昨日、東海と関東地方を横断した台風18号は昨夜9時に温帯低気圧に変わりました。暫くは高気圧に覆われますが、土曜日からの三連休の天気の主役は南海上の強い台風19号となりそうです。19号はこの後発達しながら西に進んで、次第に向きを北に変え明後日にも非常に強い勢力になる見込みです。その後も北上して日曜日には九州の南海上まで進んでくる恐れがあります。三連休の後半はこの台風の動きに特に注意が必要です。

 九州北部地方は大陸から進んできた移動性高気圧に北から覆われ晴れています。放射冷却が働き、朝の気温は沿岸部で17度前後、内陸で13度前後と内陸を中心にこの秋一番の冷え込みとなっています。この後も北から高気圧に覆われ今日の九州北部地方は晴れicon01るでしょう。絶好の洗濯日和でお布団も外に干して大丈夫icon100です。最高気温は昨日より1度高く24度前後と10月中旬並みです。日陰では風が涼しく昼間でも長袖でちょうど良いでしょう。

 明日から金曜日まで時々曇りicon02ますが高気圧に覆われ概ね晴れicon01。明日の皆既月食は雲の切れ間から見える所が多いでしょうicon105。土曜日は高気圧が東へ去り曇りicon02時々晴れicon01。日月は台風19号の影響で曇りicon02、時々雨icon03が降り風が強く荒れた天気でしょう。そして、火曜日は台風が東へ去り晴れ間icon01が戻るでしょう。

 気温は平年を上回る日もありますが朝晩を中心に涼しく、来週は一段と涼しくなるでしょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 06:20Comments(2)短期・週間

2014年10月06日

風冷え

 大型で強い台風18号は紀伊半島の直ぐ南海上を北東に進んでいます。この後、朝の内にも東海地方に上陸し、その後関東地方を通過し、昼過ぎには本州の東の海上へ抜けて今夜のうちに温帯低気圧に変わる見込みです。九州では次第に影響が無くなって行きますが、関東地方を中心に今日は大荒れとなって交通などに乱れが生じる恐れがあります。出張など遠出の予定のある方は時間にかなりゆとりを持った方が良いでしょう。

 対馬海峡から湿った空気が流れ込み九州北部地方は曇っていて所々で弱い雨が降っています。朝の気温は19度前後と9月下旬並みですが、北風が対馬海峡沿岸を中心に9メートル前後吹いていて風冷えの朝となっています。この後も北風に乗り対馬海峡から低い雲が流れ込むため今日の九州北部地方は曇りicon02で、午前中は北部を中心に所々で雨が降るでしょう。北風が強く吹くので洗濯物は室内干しで、午前中は傘を持ち歩いた方が良いでしょう。最高気温は昨日より1度低く22度前後と10月下旬並みです。風が冷たく吹くので風を通しにくい上着を着て行きましょう。

 明日から金曜日までは高気圧に覆われ秋晴れicon01が広がり、土曜日は高気圧が東へ去り曇りicon02時々晴れicon01、日月は湿った空気の影響で曇りicon02でしょう。

 気温は平年を下回るicon15日があり、涼しい日が多いでしょう。

 日本の遥か南海上には強い台風19号があります。19号はこの後、更に発達しながら西寄りに進み明後日には非常に強い勢力となります。その後、次第に向きを北寄りに変えて週末には九州の南海上まで進んでくる見込みです。土曜日からの三連休はこの19号の動きに特に注意が必要でしょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 07:31Comments(0)短期・週間

2014年10月03日

秋晴れ

 大型で非常に強い台風18号は日本の南海上を北西に進んでいます。この後も非常に強い勢力を保ちながら北西に進み、日曜日に九州の南海上で向きを北東に変えて、月曜日には四国沖へと進んでくる見込みです。予報円の西側を通ると九州にかなり接近し暴風域に入る恐れもあります。また、接近しなくても強風域の範囲が500キロと広いため、台風が最も接近する日曜日の夜から月曜日の朝にかけては風が強く大荒れの天気になる恐れがあります。強風対策などは土曜日までに済ませておきましょう。18号はその後、加速しながら東海と関東地方付近を通過する見込みです。月曜日は全国的に大きな影響を受けそうなので出張など遠出の予定のある方は時間にゆとりを持った方が良いでしょう。

 昨日雨を降らせた前線は東へ去り、北から大陸の高気圧に覆われて晴れて来ています。朝の気温は17度から22度と平年を上回り暖かい朝になっています。この後も大陸の高気圧に北から覆われ今日の九州北部地方は晴れicon01るでしょう。洗濯日和ですが、北風がやや強く吹くので洗濯物は飛ばされない様、しっかり留めておきましょう。最高気温は昨日と同じか1、2度高く26度前後と大体平年並みです。日向では暑いですが、日陰では風が涼しいでしょう。

 明日も北から高気圧に覆われ晴れicon01。午後は時々曇りますが雨の心配は無くお出かけ日和でしょう。日曜日は台風18号が南海上に北上してくるため大分県など東側の地方を中心に時々雨icon03が降り北風が非常に強く吹いて荒れてくるでしょう。月曜日は18号が四国沖から東日本へ進み時々雨icon03が降り、風はまだ非常に強く大荒れの天気でしょう。そして、火曜日は台風一過の青空icon01が広がり、木曜日まで高気圧に覆われ秋晴れicon01が続くでしょう。金曜日は高気圧が東へ去り曇りicon02がちの天気でしょう。

 気温は日曜日まで平年並みですが、台風の影響で風が強く日中は肌寒く、来週は朝晩を中心に冷え込んで涼しい日が多いでしょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 07:02Comments(0)短期・週間