プロフィール
佐藤栄作
佐藤栄作
九州朝日放送 KBCテレビ『アサデス。』と『サワダデース』、KBCラジオ『小林徹夫のアサデス。ラジオ』にお天気キャスターとして出演中。
早起きとお天気のツボ押しが特技のフリーランスの気象予報士です。(株)風見屋 代表取締役
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
オーナーへメッセージ
インフォメーション

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 43人

2020年02月20日

花粉注意

弱い気圧の谷の影響で九州は曇っていますが雨の降っている所はほとんどない様です。

朝の気温は平地で5度、山地で3度前後と3月中旬並みの朝の気温となっています。

この後、気圧の谷が午前中に通過し九州は移動性高気圧に覆われる見込みです。

このため、今日の九州は午前中曇りicon02、昼前後から晴れicon01るでしょう。

曇っても雨の降る所はほとんど無く洗濯物は外に干せる所が多いでしょう。

ただ、スギ花粉が非常に多く飛ぶので花粉をしっかり落としてから取り込みましょう。

最高気温は昨日より1度高く北部で15度、南部で17度前後でしょう。

3月中旬並みで日向では暖かく朝との温度差が10度前後と大きいので調節の利く服装で行きましょう。


明日は高気圧に覆われ晴れicon01て、夜は曇りicon02

今日より更に気温が上がりスギ花粉は要注意でしょう。

明後日は寒冷前線が通過するため未明から明け方にかけて雨icon03が降り、昼前後から晴れicon01

日月の連休も高気圧に覆われ晴れicon01

連休は行楽日和ですが、土日は風が冷たく寒いので温泉など暖かい所がお勧めです。

振替休日の月曜日は暖かくicon14最も行楽日和でしょうface02

火水は気圧の谷の影響で曇りicon02や雨icon03の天気で、

木曜日は気圧の尾根が通過し晴れ間icon01が出るでしょう。


気温は平年を上回りicon14暖かい日が多いですが、土日は平年に近く風が冷たく寒いでしょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 06:38Comments(0)短期・週間

2020年02月19日

寒い雨水入り

高気圧に覆われ九州は晴れています。

放射冷却が働き朝の気温は沿岸で2度、内陸で0度前後と所々でこの冬一番厳しい冷え込みとなっています。

この後も高気圧に覆われ今日の九州は晴れicon01るでしょう。

夜は曇る所もありますが雨の心配はなく洗濯日和で布団も外に干して大丈夫icon100でしょう。

最高気温は昨日より4、5度高く12度前後と平年並みです。

昼間も寒いですが朝との温度差が10度以上と大きいので調節の利く服装で行きましょう。


明日は弱い気圧の谷の影響で朝まで曇りicon02、高気圧に覆われ昼前後から晴れicon01るでしょう。

明後日まで高気圧に覆われ晴れicon01て、

土曜日は寒冷前線が通過するため曇りicon02一時雨icon03でお出かけには生憎の天気でしょう。

日月の連休は高気圧に覆われ晴れicon01お出かけ日和で、

火水は気圧の谷の影響で曇りicon02や雨icon03の天気でしょう。


気温は明日明後日と平年を上回りicon14暖かく、土日は風が冷たく寒くなり、その後は再び平年を上回りicon14暖かく過ごし易い日が多いでしょう。

今日から二十四節気の雨水で雪が雨に変わる頃。

暦通り雪の降ることはなさそうで、の訪れが早くなりそうですface02。  

Posted by 佐藤栄作 at 06:34Comments(0)短期・週間

2020年02月18日

回復

昨日から今朝にかけてこの冬一番の強い寒気が流れ込み大分、福岡、熊本、鹿児島で初雪が降りました。

雪は峠を越していますが、山地では所々雪が積もっていて凍結している恐れがあります。

朝の内は特にスリップなどに注意してください。


朝の気温は平地で3度、山地で−1度前後と真冬並みで沿岸では風が5メートル前後吹いていて寒い朝になっています。

この後も寒気の影響で午前中は東シナ海と対馬海峡沿岸で曇りicon02雪のちらつく所がありますが昼前後から晴れicon01るでしょう。

大分県や宮崎県など東部では朝から晴れicon01るでしょう。

傘の出番は少なく洗濯物は昼前には外に干せるでしょう。

気温は昨日より沿岸で1度、内陸で2から4度高く9度前後と真冬並みです。

北西の風もやや強く吹いて体感温度は5度以下なのでマフラーや手袋など寒さ対策をしっかりして行きましょう。


明日は高気圧に覆われ晴れicon01て、北部では昼過ぎから時々曇りicon02、南部では夜遅くに曇るicon02でしょう。

明後日は次の高気圧が進んできて曇りicon02後晴れicon01

金曜日は高気圧が東へ去り晴れicon01のち曇りicon02

土曜日は気圧の谷が通過し雨icon03が降り、

日月の連休は高気圧に覆われ晴れicon01行楽日和でしょう。

そして、連休明け火曜日は気圧の谷が近づき曇りicon02、南部では雨icon03が降るでしょう。


気温は明日まで平年を下回りicon15、その後平年を上回りicon14暖かく過ごしやすくなります。

明日の朝は0度前後まで気温が下がり冷え込むので今晩は暖かくしてお休み下さい。  

Posted by 佐藤栄作 at 07:20Comments(0)短期・週間

2020年02月17日

大雪注意

西日本は強い冬型気圧配置になっていて九州は寒気の影響で曇っていて、対馬海峡と東シナ海沿岸を中心い雨や雪が降っています。

大分では未明に初雪を観測しています。

朝の気温は北部で5度、南部で6度前後と平年並みで沿岸では西風が5メートル前後吹いていて風の冷たい朝になっています。

この後も強い冬型気圧配置が続き夜には九州北部の上空1500メートル付近で−12度非常に強い寒気が流れ込みます。また、上空5400メートル付近にも−30度以下非常に強い寒気が流れ込むため大気の状態が不安定になります。

このため、今日の九州は北部では午前中雨icon03で昼過ぎから雪icon04になり夕方からは雷icon05を伴うでしょう。

南部は雨icon03が降ったり止んだりicon02の一日でしょう。

最高気温は昨日より10度くらい低く北部で7度、南部で9度前後でしょう。

風が冷たく非常に厳しい寒さなのでマフラーや手袋など寒さ対策を万全にして行きましょう。


明日は冬型が次第に緩む見込みです。

寒気の影響で未明まで北部では雪icon04、南部では雨icon03が降り、昼前には上がりicon02午後は次第に晴れicon01るでしょう。

北部では多い所で山地20センチ、平地10センチの雪が降り大雪となり、平地でも雪の積もる恐れがあります。

今日の夕方から明日の朝にかけては交通機関などが乱れる恐れがあるので時間にゆとりを持ちましょう。


明後日と木曜日は高気圧に覆われ晴れicon01

金曜日は高気圧が東へ去りし次第に曇りicon02

土曜日は気圧の谷が通過し一時雨icon03が降るでしょう。

そして、日月の連休は高気圧に覆われ晴れicon01るでしょう。


気温は明日まで平年を下回りicon15厳しい寒さで、明後日は平年並みで今週後半からは暖かくなるでしょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 07:22Comments(0)短期・週間

2020年02月14日

前線のち寒気

九州の南海上に停滞している前線の影響で九州は雨や曇りの天気になっています。

朝の気温は北部で10度、南部で13度前後と4月上旬から中旬並みの暖かい朝になっています。

この後も前線は九州の南海上に停滞し気圧の谷が午前中に通過し、午後は北から高気圧に覆われる見込みです。

このため、今日の九州は午前中広く雨icon03が降り、南部では雷icon05を伴い強く降る所があり、昼過ぎに上がりicon02夕方から晴れicon01るでしょう。

種子島屋久島地方から奄美地方にかけては多いところで80ミリ大雨になる恐れがあります。

最高気温は昨日と同じくらいの所が多く北部で17度、南部で20度前後でしょう。

4月上旬から中旬並みですが午前中は雨が降り少し肌寒いでしょう。


明日は前線上に低気圧が発生し九州南部付近を通過する見込みです。

このため、北部は曇りicon02で夕方から雨icon03の降る所が多く、南部は朝から雨icon03で雷icon05を伴って激しく降る所があるでしょう。

南部では多い所で100ミリ大雨になる恐れがあり大雨が続くので雨の降りかたに注意して過ごしましょう。


日曜日は寒冷前線が通過し明け方から広く雨icon03が降り、冬型気圧配置となり西風が強まり荒れた天気になります。日曜日には北九州マラソン熊本城マラソンがありますがマラソンには生憎の天気です。

スタートから昼過ぎまではどちらも雨icon03が降り、さらに昼前から北九州では10メートル、熊本では5メートルの西風が吹きます。

ランナーは雨対策と風対策をして参加しましょう。

応援される方は寒さ対策を万全にして雨対策をして応援しましょう。


月曜日は強い冬型気圧配置で九州北部の上空1500メートル付近で−9度以下とこの冬一番強い寒気が流れ込む見込みです。

このため、曇りicon02で一時雨icon03や雪icon04が降るでしょう。

また、西風が強く冬の嵐となるので天気の急変に要注意です。

火曜日は冬型が緩み曇りicon02後晴れicon01

水曜日は弱い気圧の谷の影響で曇りicon02がちの天気となり、

木金は高気圧に覆われ晴れicon01るでしょう。

そして、土曜日に寒冷前線が通過し雨icon03が降り、

再来週の日曜日は高気圧に覆われ晴れicon01るでしょう。


気温は明日まで平年を上回りicon14暖かく、日曜日から下がりicon15月火は厳しい寒さとなり、来週後半は再びicon14暖かくなります。

温度変化が大きいので風邪など引かない様、体調管理最優先で過ごしましょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 07:19Comments(0)短期・週間

2020年02月13日

回復

昨日は前線の影響で20から80ミリの大雨となりました。

前線は九州南岸まで下がり、九州では雨の上がっている所が多くなっています。

朝の気温は北部で12度、南部で15度z年後と4月上旬並みの暖かい朝になっています。

この後も前線は九州南岸に停滞し朝鮮半島付近に進んでくる高気圧に九州は北から覆われる見込みです。

このため、今日の九州は北部と中部は晴れicon01て、南部は曇りicon02がちの天気で昼前に一時晴れ間icon01が出るでしょう。

最高気温は南部は昨日より1から5度上がる所が多く17度前後と3月下旬から4月上旬並みです。

今日はジャケットやスプリングコートなど春の上着でちょうど良いでしょう。


明日は前線が南岸に停滞し気圧の谷が近づくため南部は明け方から雨icon03で雷icon05を共い強く降る所があり、

北部でも午後は雨icon03になるでしょう。

明後日も前線は南岸に停滞し前線上の低気圧が九州南岸を夜通過する見込みです。

このため、北部は曇りicon02で南部は昼前から雨icon03になり雷icon05を伴う所もあるでしょう。

日曜日は気圧の谷が通過し曇りicon02で一時雨icon03の降る所があり、

月火は冬型気圧配置で強い寒気が流れ込むため曇りicon02一時雨icon03や雪icon04が降るでしょう。

そして水木は移動性高気圧に覆われ晴れicon01るでしょう。


気温は月火に平年を下回りicon15厳しい寒さになり、来週後半は再び暖かくicon14なります。

温度変化の大きい一週間なので風邪など引かない様、体調管理最優先で過ごしましょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 06:45Comments(0)短期・週間

2020年02月12日

前線通過

東シナ海から九州に前線が伸びて来ているため九州は曇りや雨の天気になっています。

朝の気温は平地で10度、山地で7度前後と4月並みの暖かい朝になっています。

この後、前線が九州を通過する見込みです。

このため、今日の九州は広く雨icon03になります。

時々雨が止むicon02時間はありますが前線に向かって南西から暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が不安定になり南部を中心に雷icon05を伴って強く降る所があるでしょう。

雨量は多い所で70ミリと季節外れの大雨になるでしょう。

また、南風が強まり荒れた天気になるので、強風には要注意でしょう。

最高気温は昨日と同じか1度ほど上がる所が多く、北部で14度、南部で18度前後でしょう。

3月中旬から下旬並みで暖かく、厚着をする必要は無いですが、南風が強まるので風を通し難い服装が良いでしょう。


明日は前線が南下し高気圧に覆われ晴れicon01

明後日は前線上の低気圧が通過するため広く雨icon03が降り、雨量は多い所で100ミリ大雨になる恐れがあります。

土曜日は気圧の谷の影響で曇りicon02

日曜日は寒冷前線が通過し曇りicon02一時雨icon03

月曜日は冬型で強い寒気が流れ込むため曇りicon02で北部では一時雨icon03や雪icon04が降ります。

火曜日は高気圧に覆われ中部より南では晴れ間icon01が出ますが、北部は寒気の影響で曇りicon02一時雨icon03や雪icon04でしょう。

そして水曜日は高気圧に覆われ晴れ間icon01が出るでしょう。


気温は土曜日まで平年を上回りicon14暖かく、月火は平年を下回りicon15厳しい寒さになります。

風邪など引かない様、体調管理最優先で過ごしましょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 06:44Comments(0)短期・週間

2020年02月11日

行楽日和

東シナ海にある高気圧に覆われ九州は晴れています。

朝の気温は平地で5度、山地で1度前後と平年並みの冷え込みとなっています。

この後、高気圧は九州付近を通って夜には東日本へと進む見込みです。

このため、今日の九州は昼過ぎまで晴れicon01て夕方から曇りicon02でしょう。

雨の心配はなく行楽と洗濯日和でお布団も外に干せるでしょう。

最高気温は北部で昨日より1から3度高く14度前後、南部で昨日と同じ15度前後と3月上旬から下旬並みでしょう。

昼は暖かく朝との温度差が10から15度と大きいので調節の利く服装で行きましょう。


明日は東シナ海から前線が伸びてきて低気圧が対馬海峡付近を通過する見込みです。

前線や低気圧に向かって南西から暖かく湿った空気が流れ込むため九州は南部を中心に待機の状態が不安定になります。

このため、昼前から広く雨icon03になり南部では雷icon05を伴って強く降る所があるでしょう。

南部では多い所で60ミリの季節外れの大雨となるでしょう。

また、南風が強まり荒れた天気となるので強風にも要注意です。


明後日は前線が南海上に停滞するため曇りicon02で南部では雨の降る所があり、北部は一時晴れ間icon01が出るでしょう。

金曜日は前線上の低気圧が通過し広くまとまった雨icon03となり、

土曜日は前線が北上し曇りicon02で中部より南では一時晴れ間icon01が出て、

日曜日は寒冷前線が南下するため広く雨icon03になるでしょう。

そして、月火は冬型で寒気が流れ込むため曇りicon02がちの冬空が広がるでしょう。


気温は日曜日まで平年を大きく上回りicon143月中旬から4月上旬並みの暖かさが続き、月火は平年を下回りicon15厳しい寒さになります。

温度変化の大きい一週間となるので風邪など引かない様、体調管理最優先で過ごしましょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 06:37Comments(0)短期・週間

2020年02月10日

回復

高気圧に覆われ九州は晴れています。

朝の気温は沿岸で5度、内陸で1度前後まで下がり平年並みの冷え込みとなっています。

この後も高気圧が東シナ海へ移動して来て九州を覆う見込みです。

このため、今日の九州は晴れicon01るでしょう。

北部では昼前から昼過ぎに一時曇りicon02ますが、雨の心配はなく洗濯日和でしょうface02

最高気温は昨日より2から5度高く北部で13度、南部で15度前後と2月下旬から3月上旬並みです。

昼間は日差しの温もりが戻り朝との温度差が10度前後と大きいので調節の利く服装で行きましょう。


明日も移動性高気圧に覆われ日中は晴れicon01て夜は曇りicon02でしょう。

気温も高く明日は絶好の行楽日和でしょうface02

明後日は前線が東シナ海に伸びてくるため明け方から雨icon03が降り出し、東シナ海側を中心にまとまった雨になります。

木曜日は前線が南下し北部は曇りicon02で南部は雨icon03のち曇りicon02

金曜日は前線上の低気圧が通過し広く雨icon03が降り、

土曜日は前線が北上し曇りicon02

そして日曜日は前線が南下するため再び広く雨icon03が降り、

月曜日は寒気の影響で曇りicon02でしょう。


気温は明日から平年を5度くらい上回りicon143月下旬並みの陽気が続き、来週初めは再び寒くicon15なるでしょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 06:24Comments(0)短期・週間

2020年02月07日

谷通過

東シナ海に伸びている前線の影響で九州は曇っていて南部では冷たい雨や雪が降っています。

朝の気温は北部で5度、南部で7度前後と3月上旬並みの暖かい朝になっています。

この後、前線上に低気圧が発生し午後沖縄付近を通過する見込みです。

このため、今日の九州は北部は曇りicon02で所により雨や雪が降り、

南部は日中雨icon03で夜遅くから曇りicon02でしょう。

最高気温は北部で昨日より1、2度高く11度、南部では昨日より4度低く10度前後と真冬並みです。

日差しが無く寒いので暖かくして行きましょう。


明日と明後日は大陸の高気圧に覆われ中部より南では晴れicon01て北部は寒気の影響で曇りicon02がちの天気でしょう。

晴れてお出かけ日和の地方でも気温は低く寒いので出かけるなら温泉など暖かい所がいいでしょう。

月火は高気圧に覆われ晴れicon01

水曜日から金曜日まで前線と低気圧の影響で広く雨icon03が降り、

土曜日は小康状態で曇りicon02で、

日曜日は低気圧が近づき曇りicon02後雨icon03でしょう。


気温は日曜日まで平年並みで寒く、来週は平年を5度くらい上回りicon14暖かい日が多いでしょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 06:22Comments(0)短期・週間

2020年02月06日

晴れ後冬空

大陸の高気圧に覆われ九州は晴れています。

朝の気温は沿岸で2度、内陸で−1度前後と多くの所でこの冬一番冷え込みになっています。

この後も高気圧に覆われ午前中を中心に晴れicon01ますが、寒気や気圧の谷の影響で北部は昼過ぎ、南部でも夜遅くは曇るicon02でしょう。

北部では所により雨や雪が降るので午後は折り畳み傘を持ち歩いたほうがいいでしょう。

最高気温は昨日と同じくらいで北部で10度、南部で14度前後と平年並みです。

風が冷たく寒いのでマフラーや手袋など寒さ対策をして行きましょう。


明日は前線を伴う低気圧が東シナ海から進んできて夜に奄美大島付近を通過する見込みです。

このため曇りicon02で南部では昼前から雨icon03でしょう。

奄美地方も昼前から雨icon03で夜は雷icon05を伴い強く降る所があるでしょう。

明後日は冬型で寒気の影響を受ける北部は曇りicon02時々晴れicon01、大陸の高気圧に覆われる南部は晴れicon01るでしょう。

日曜日は冬型が弱まり晴れ間icon01が出て、

月曜日と建国記念の日の火曜日は高気圧に覆われ晴れicon01るでしょう。

そして、水木は前線と低気圧の影響で南部を中心に広く雨icon03が降るでしょう。


気温は日曜日まで平年並みに近く寒い日が続き、来週は平年を上回りicon14寒さが緩むでしょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 06:40Comments(0)短期・週間

2020年02月05日

冬型

西日本は冬型気圧配置になっていて寒気が流れ込んできています。

九州は大陸の高気圧に覆われ晴れている所が多いですが対馬海峡と東シナ海には寒気の雲が広がって来ています。

朝の気温は内陸で1度前後と冷え込んでいて沿岸は5度くらいありますが北風が冷たく吹いています。

この後も西日本は冬型気圧配置が続き九州北部の上空1500メートル付近で−6度前後のやや強い寒気が流れ込む見込みです。

このため、今日の九州は中部より南は晴れicon01て、北部は午前中曇りicon02雨や雪の降る所があり昼過ぎから晴れicon01るでしょう。

最高気温は昨日より3、4度低く北部で9度、南部で13度前後と真冬並みです。

北風が冷たく厳しい寒さとなるのでマフラーや手袋など寒さ対策をしっかりして行きましょう。


明日は大陸の高気圧に覆われ中部より南は晴れicon01、北部は寒気の影響で曇りicon02時々晴れicon01で所により雨や雪が降るでしょう。

明後日は前線を伴う低気圧が南海上を夜に通過するため、北部は曇りicon02で南部は昼前から夕方雨icon03になるでしょう。

土曜日は冬型で大陸の高気圧に覆われ南部は晴れicon01て北部は寒気の影響で曇りicon02時々晴れicon01でしょう。

日月は高気圧に覆われ晴れicon01

火曜日は高気圧が東へ去り曇りicon02

水曜日は気圧の谷の影響で曇りicon02や雨icon03の天気でしょう。


気温は土曜日まで平年並みかそれを下回りicon15寒く、来週は寒さが緩みicon14ます。

温度変化が大きいので風邪など引かない様、気をつけましょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 06:21Comments(0)短期・週間

2020年02月04日

冬晴れ立春

今日から二十四節気の立春で暦の上では春に入ります。

今年は1月が観測史上最も高いicon14気温だったのでこの立春が冬で最も寒くなりそうです。

冬物の洋服の機会が少なくなっていくので寒いうちに冬のファッションを楽しんでおきましょうface01


北から高気圧に覆われ九州は晴れているところが多く、南岸より南は高気圧の周辺部で曇っています。

朝の気温は沿岸で4度、内陸で1度前後と冷え込んでいます。

この後も九州は北から高気圧に覆われ、夜には南海上に前線が伸びて来る見込みです。

このため、今日の九州は北部で晴れicon01て南部は曇りicon02時々晴れicon01でしょう。

種子島屋久島より南では前線の影響で夕方から時々雨icon03が降るでしょう。

最高気温は昨日と同じくらいで北部は13度、南部は15度前後でしょう。

日向では日差しの温もりがあり朝との温度差が10度前後と大きいので寒さ対策をして調節の利く服装で行きましょう。


明日は大陸の高気圧が張り出して九州を覆います。

北部は寒気の影響で曇りicon02がちの天気で、中部より南では晴れicon01るでしょう。

明後日も高気圧に覆われ南部は晴れicon01て、北部は寒気の影響で曇りicon02時々晴れicon01でしょう。

金曜日は南海上を低気圧が通過するため中部より南では雨icon03が降り、北部は曇りicon02でしょう。

土日は大陸の高気圧に覆われ晴れ間icon01が出て、

月曜日まで高気圧に覆われ晴れicon01て、

火曜日建国記念の日は高気圧が東へ去り曇りicon02でしょう。


気温は土曜日まで平年並みに近い寒さが続き、来週は寒さが緩みicon14ます。

温度変化が大きいので風邪など引かない様、体調管理をしっかり行いましょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 06:45Comments(0)短期・週間

2020年02月03日

谷通過

大陸に中心を持つ高気圧に覆われ九州は晴れています。

朝の気温は平地で4度、山地で2度前後と冷え込んでいます。

この後も九州は高気圧に覆われますが弱い気圧の谷が通過していく見込みです。

このため、今日の九州は朝と夜は晴れicon01ますが、昼前から夕方にかけて曇るicon02でしょう。

雨の確率は低く洗濯物は外に干せる所が多いでしょう。

最高気温は昨日より3度前後低く北部で11度、南部で13度前後でしょう。

北風が冷たく寒いので冬の上着を着てマフラーなど寒さ対策をして行きましょう。


明日は北から高気圧に覆われ北部は晴れicon01て、南部は曇りicon02時々晴れicon01でしょう。

明後日は高気圧に覆われ広く晴れicon01て、

木曜日から日曜日までは気圧の谷や寒気の影響を受けるため曇りicon02時々晴れicon01

そして、月曜日は高気圧に覆われ晴れicon01るでしょう。


気温は今週半ばに平年を少し下回りicon15寒い日が多いです。

風邪など引かない様、暖かくして過ごし体調管理をしっかり行いましょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 06:33Comments(0)短期・週間

2020年01月31日

冬型

日本付近は冬型気圧配置になっていて九州には寒気が流れ込んで来ています。

九州は大陸の高気圧に覆われ南部を中心に晴れていますが、対馬海峡と東シナ海沿岸では寒気の影響で曇っていて所々で雨や雪が降っています。

この後も冬型気圧配置が続き寒気の影響を受ける見込みです。

このため、今日の九州は中部より南では晴れ間icon01が出て、北部や東シナ海沿岸は曇りicon02時々雨icon03や雪icon04が降るでしょう。

最高気温は南部は昨日と同じ14度前後で2月中旬並み、北部は昨日より1度低く10度前後と平年並みです。

風が冷たく寒いのでマフラーや手袋など寒さ対策をしっかりして行きましょう。


明日は冬型が緩み高気圧が張り出し九州を覆います。

このため、中部より南は晴れicon01て、北部は昼過ぎまで曇りicon02夕方から晴れicon01るでしょう。

明後日は高気圧が東へ去り晴れicon01のち曇りicon02

土日とも日中の雨の確率は低くお出かけ日和でしょうface01

月曜日は弱い気圧の谷が通過し曇りicon02

火水木は高気圧に覆われ晴れ間icon01が多く、

金土は低気圧が通過し雨icon03が降り、

日曜日は寒気の影響で曇りicon02でしょう。


気温は平年並みに近く寒い日が多いです。

風邪など引かない様、暖かくして過ごし体調管理をしっかり行いましょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 06:36Comments(0)短期・週間

2020年01月30日

不安定続く

西日本は冬型気圧配置になっています。

大陸の高気圧に覆われ内陸は晴れていますが沿岸部は寒気の雲が広がり所々で雨が降っています。

朝の気温は平地で7度、山地で5度前後と3月並みの暖かい朝になっています。

この後も冬型気圧配置が続き、上空に強い寒気を伴う気圧の谷が日中九州を通過する見込みです。

このため、今日の九州は雷icon05を伴い雨icon03の降る所があ多く、山地では雪icon02の混じる所があるでしょう。

霰や雹の降る恐れがあり、落雷と突風にも要注意でしょう。

洗濯物は室内干しで大きい傘とレインシューズが活躍します。

最高気温は昨日より2から5度低く北部で10度、南部で12度前後と平年並みです。

北風がやや強く吹いて寒さは非常に厳しいのでマフラーや手袋など寒さ対策を万全にして行きましょう。


明日も冬型で寒気の影響を受けるため北部は曇りicon02で所により雨や雪が降り、南部は曇りicon02時々晴れicon01でしょう。

明後日は冬型が緩み南部は晴れicon01て、北部も曇りicon02時々晴れicon01

日曜日は高気圧に覆われ晴れ間icon01が出て、今度の土日はお出かけ日和でしょうface02

そして、月曜日から木曜日にかけても高気圧に覆われ晴れicon01る日が多いでしょう。


気温は平年並みに近く寒い日が多いです。

風邪など引かない様、暖かくして過ごし体調管理をしっかり行いましょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 06:41Comments(0)短期・週間

2020年01月29日

不安定

西日本な冬型気圧配置になっています。

大陸の高気圧に覆われ中部より南では晴れていて、北部は寒気の影響で曇り一部で雨が降っています。

朝の気温は沿岸で9度、内陸で6度前後と3月下旬から4月上旬並みの暖かい朝になっています。

この後も冬型が続き上空の寒気強まる見込みです。

このため、今日の九州は大分など東部で午前中晴れicon01て昼過ぎから曇りicon02

その他の地方は朝から曇るicon02ところが多く北部を中心に時々雨icon03が降り雷icon05を伴うでしょう。

午後は大気の状態が不安定になり霰や雹の降る所があり落雷や突風にも要注意でしょう。

最高気温は昨日より2から4度低く北部で12度、南部で14度前後でしょう。

2月中旬から下旬並みで北風が冷たく寒いのでマフラーや手袋など寒さ対策をして行きましょう。


明日も冬型が続き上空5400メートr付近で−30度以下の寒気が流れ込み大気の状態が非常に不安定になります。

このため、北部では雷icon05を伴って雨icon03や雪icon04が昼過ぎまで降り夕方から曇りicon02

中部は曇りicon02で昼前まで時々雨icon03や雷雨icon05

南部は朝まで雨icon03や雷雨icon05で昼前から曇りicon02夕方から晴れicon01るでしょう。

北部では明日の昼過ぎまで落雷や突風、降雹、そして天気の急変に要注意でしょう。

明後日は冬型で寒気の影響が残り曇りicon02

土曜日から寒気が弱まり晴れ間icon01が戻り、

日曜日は高気圧に覆われ晴れicon01て土日は行楽日和でしょうface02

そして、月曜日から水曜日にかけては移動性高気圧に覆われ晴れ間icon01の多い天気でしょう。


気温は明後日までは平年並みの寒さになり来週は寒さが緩みます。

温度変化が大きいので風邪など引かない様、体調管理をしっかり行いましょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 07:13Comments(0)短期・週間

2020年01月28日

谷通過

昨日は低気圧が予想より南を通過し大分県と宮崎県では記録的な大雨となりました。

低気圧は東へ去り、大雨の峠は過ぎましたが、気圧の谷の影響が残りそうです。

昨日、大雨を降らせた低気圧は四国沖へと去り、九州は宮崎県など太平洋側では晴れていますが、気圧の谷の影響で曇っている所が多く対馬海峡や東シナ海沿岸の一部では弱い雨が降っています。

朝の気温は北部で9度、南部で12度前後と3月下旬並みの暖かい朝になっています。

この後、気圧の谷が日中九州を通過する見込みです。

このため、今日の九州は大分と宮崎県など頭部では午前中晴れicon01ますが、曇るicon02所が多く北部では昼過ぎから広く時々雨icon03になるでしょう。

最高気温は北部で昨日より2から5度高く13度、南部で昨日より5度低く16度前後でしょう。

2月下旬並みで、北風が冷たく吹くので暖かくして行きましょう。


明日は上空に寒気を伴う低気圧が近づき、九州は上空5400メートル付近で−27度以下の強い寒気に覆われ大気の状態が不安定になります。

このため、北部は雷icon05を伴い雨icon03や雪icon04が断続的に降り、中部より南も午後を中心に時々雨icon03が降るでしょう。

明後日は気圧の谷が通過するため北部は午前中雷icon05を伴って雨icon03や雪icon04が降り昼過ぎから曇りicon02、中部より南は曇りicon02で南部は夕方から晴れicon01るでしょう。

金曜日は冬型で寒気の影響を受けるため曇りicon02一時雨icon03や雪icon04

土曜日から来週火曜日にかけては寒気の影響で曇りicon02ますが高気圧に覆われ時々晴れ間icon01が出るでしょう。


気温は次第に平年並みになり寒い日が多くなります。

風邪など引かない様、暖かくして体調管理をしっかり行いましょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 07:11Comments(0)短期・週間

2020年01月27日

荒天

東シナ海にある前線を伴う低気圧の影響で九州は雨や曇りの天気になっています。

朝の気温は北部で8度、南部で15度前後と高いですが、風が5メートル以上吹いている所が多く風の冷たい朝になっています。

この後、低気圧が近づいて午後九州北部付近を通過する見込みです。

このため、今日の九州はほぼ1日雨icon03で南部は昼過ぎまで、北部は夕方から雷icon05を伴う所があるでしょう。

雨量は多い所で130ミリと季節外れの大雨になるでしょう。

東のち南風が強く荒れた天気となり、雨が横殴りに降るので洗濯物は室内干しで頑丈な傘とレインコートが活躍します。

気温は昨日より3から8度高くicon14北部で16度、南部で20度前後と3月下旬から4月上旬並みです。

風が強く体感温度は10から15度なので風を通し難い上着を着て行きましょう。


明日は低気圧が東へ去り西日本は冬型気圧配置となります。

このため大分県など東部は午前中晴れicon01て昼過ぎから曇りicon02。その他の地方は曇りicon02がちの天気で所により雨が降るでしょう。

明後日は気圧の谷と寒気の影響で曇りicon02時々雨icon03で、北部の山地では雪icon04が降るでしょう。

木曜日も気圧の谷と寒気の影響で曇りicon02所々で雨icon03や雪icon04が降るでしょう。

金曜日は寒気の影響で曇りicon02北部では時々雨icon03や雪icon04が降るでしょう。

土日は弱い冬型で寒気の影響を受けるため曇りicon02ますが時々晴れ間icon01が出て

月曜日は高気圧に覆われ晴れicon01るでしょう。


気温は今週半ばから平年に近くなりicon15寒い日が多くなります。

風邪など引かない様、暖かくして体調管理をしっかり行いましょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 07:04Comments(0)短期・週間

2020年01月24日

菜種梅雨のち冬空

九州南岸に停滞している前線の影響で九州は曇っている所が多く一部で弱い雨が降っています。

この後も前線は九州南岸からすぐ南海上に停滞する見込みです。

このため、今日の九州は曇りicon02で所により雨icon03が降り、北部では夕方一時晴れ間icon01が出るでしょう。

最高気温は昨日と同じか2、3度低く北部で16度、南部で18度前後でしょう。

3月下旬並みで今日も昼間は暖かいですが、午後は次第に北風が冷たくなるでしょう。


明日は前線が東シナ海で少し北上するため南部は一日雨icon03で、北部は午前中曇りicon02昼前後から雨icon03になるでしょう。

日曜日は前線が南下し雨icon03のち曇りicon02

月曜日は前線上の低気圧が発達しながら通過するため雨icon03で風が強く荒れた天気になるでしょう。

火曜日は低気圧が東へ去り雨icon03のち曇りicon02

水曜日は高気圧に覆われ南部は晴れicon01て、北部は気圧の谷の影響で曇りicon02

木金は冬型気圧配置で寒気の影響を受けるため曇りicon02時々雨icon03

そして、土日は弱い冬型で寒気の影響を受けるため曇りicon02がちの天気が続くでしょう。


気温はしばらく平年を上回りicon14ますが、来週末からはこの時期らしい寒さicon15になります。

来週末はお鍋など暖かい食べ物が美味しくなるでしょうface02。  

Posted by 佐藤栄作 at 06:40Comments(0)短期・週間