プロフィール
佐藤栄作
佐藤栄作
九州朝日放送 KBCテレビ『アサデス。』と『サワダデース』、KBCラジオ『アサデス。ラジオ』にお天気キャスターとして出演中。
早起きとお天気のツボ押しが特技のフリーランスの気象予報士です。(株)風見屋 代表取締役
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
オーナーへメッセージ
インフォメーション

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 40人

2019年01月31日

前線通過

東シナ海に伸びてきている前線の影響で九州は曇っていて所々で雨が降っています。

朝の気温は北部で8度、南部で11度前後と3月下旬並みの暖かい朝になっています。

この後、前線上に低気圧が発生し今日の日中九州南部付近を通過する見込みです。

このため、今日の九州は雨icon03で南部では雷icon05を伴う所もあるでしょう。

雨量は多い所で30ミリとややまとまった雨になるでしょう。

洗濯物は室内干しで大きい傘とレインブーツが活躍します。

北風が強まり午後は徐々に荒れた天気になります。

最高気温は昨日より2から6度低く北部で9度、南部で15度前後でしょう。

北風が冷たく厳しい寒さになるのでマフラーや手袋など寒さ対策をしっかりして行きましょう。


明日は冬型で寒気の影響を受けるため沿岸や山地では曇りicon02がちの天気で内陸では晴れ間icon01が出るでしょう。

明後日は移動性高気圧に覆われ穏やかな晴れicon01

日曜日は気圧の谷が近づくため曇りicon02後雨icon03

今度の土日は土曜日の方が行楽日和です。

月曜日は気圧の谷が通過し高気圧に覆われるため初め雨icon03の残る所もありますが晴れicon01てきます。

そして、火曜日から木曜日にかけては弱い気圧の谷の影響で曇りicon02がちの天気が続くでしょう。


気温は明日まで平年を下回りicon15風が冷たく厳しい寒さが続き、来週は平年を上回りicon14寒さが緩むでしょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 06:59Comments(0)短期・週間

2019年01月30日

ゆっくり下り坂

南から高気圧に覆われていますが、大陸から東シナ海に伸びてきている前線の影響で九州は曇っている所が多くなっています。

朝の気温は内陸で2度前後まで下がり冷え込んでいますが、東シナ海沿岸では7度前後と高く暖かい朝になっています。

この後、高気圧は東へ去り、前線がさらに東シナ海に伸びてくる見込みです。

このため、今日の九州は曇りicon02一時晴れicon01で夜遅くは北部で雨の降る所があるでしょう。

洗濯物は軒下干しで帰りが夜9時より遅くなる北部の方は折り畳み傘があると安心でしょう。

最高気温は昨日より1度高く北部で14度、南部で16度前後と3月中旬並みです。

昼間は暖かく朝との温度差が10度前後と大きいので調節の聞く服装で行きましょう。


明日は前線が九州を南下し、前線上の低気圧が日中通過する見込みです。このため、雨icon03で雨量は多い所で20ミリとややまとまった雨でしょう。

明後日は冬型気圧配置で大陸の高気圧に覆われ晴れ間icon01が戻り、

土曜日は移動性高気圧に覆われ穏やかに晴れicon01るでしょう。

日曜日は気圧の谷が通過するため曇りicon02後雨icon03

そして、月曜日は高気圧に覆われ晴れicon01て、

火水は弱い気圧の谷の影響で曇りicon02時々晴れicon01でしょう。


気温は明日明後日平年並みで寒く、来週は平年を上回りicon143月並みの気温となります。

温度変化の大きい一週間なので風邪など引かない様、体調管理をしっかり行いましょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 06:53Comments(0)短期・週間

2019年01月29日

洗濯日和

大陸の高気圧に覆われ九州は晴れています。

朝の気温は沿岸で4度、内陸で0度前後と内陸を中心に冷え込んでいます。

この後も移動してくる高気圧に覆われ今日の九州は晴れicon01るでしょう。

北九州地方では寒気の影響で朝のうち曇りicon02ますが雨や雪の心配はなく洗濯物は外に干して大丈夫icon100でしょう。

最高気温は北部で昨日より1、2度高く12度前後、南部で昨日より2度低く2月中旬から下旬並みでしょう。

日向では日差しの温もりが戻り日陰では風が冷たく、朝晩と昼との温度差も大きいので調節の利く服装で行きましょう。


明日は高気圧が東へ去り前線が東シナ海に伸びてくる見込みです。

このため、日中晴れicon01て夕方から次第に曇りicon02北部は夜遅くに雨icon03が降るでしょう。

明後日は前線が南下するため雨icon03で雨量は多いところで40ミリとまとまった雨になるでしょう。

金土は高気圧に覆われ晴れicon01

日曜日は気圧の谷が通過し曇りicon02後雨icon03

そして月曜日は高気圧に覆われ晴れicon01て、

火曜日は気圧の谷の影響で曇りicon02時々晴れicon01でしょう。


気温は金曜日に平年を下回りicon15厳しい寒さとなりその後寒さが緩みicon14ます。

温度変化がとても大きい一週間なので風邪など引かない様、体調管理をしっかり行いましょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 06:53Comments(0)短期・週間

2019年01月28日

冷たい雨

高気圧に覆われて大分県や宮崎県では晴れていますが、気圧の谷の影響で九州は曇っている所が多く所々で弱い雨や雪が降っています。

朝の気温は内陸で1度前後と冷え込んでいて、沿岸では風の冷たく吹いている所があります。

この後、気圧の谷が日中九州を通過し夜は冬型気圧配置となります。

このため、今日の九州は日中曇りicon02、所々で雨icon03や雪icon04が降り、夜は晴れicon01るでしょう。

洗濯物は室内干しで折り畳み傘など雨具を持ち歩きましょう。

最高気温は昨日と同じか1、2度高く12度前後と2月中旬並みです。

西風がやや強く吹き体感温度は5度前後なのでマフラーや手袋など寒さ対策をして行きましょう。


明日は高気圧に覆われ晴れicon01
明後日は高気圧が東へ去り晴れicon01のち曇りicon02

木曜日は気圧の谷が通過するため広く雨icon03が降り、

金土は高気圧に覆われ晴れicon01

そして、日曜日は気圧の谷が通過し再び雨icon03が降り、

月曜日には晴れ間icon01が戻るでしょう。


気温は金曜日に平年並みになる他は平年を上回りicon14この時期としては過ごし易い日が多いでしょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 07:27Comments(1)短期・週間

2019年01月25日

冬空風冷えに

日本付近は弱い冬型気圧配置になっていて九州は大陸の高気圧に覆われ晴れています。

朝の気温は沿岸で4度、内陸で1度前後と冷え込んで寒い朝になっています。

この後も高気圧に覆われ晴れicon01ますが、次第に冬型が強まり寒気が流れこむため午後は北部から曇っicon02てくるでしょう。

そして、夜遅くなると山地では雪や雨の降る所があるでしょう。

日中は雨や雪の心配はなく洗濯物は外に干せますが、西風が強まるのでしっかり留めておきましょう。

最高気温は昨日と同じか1度低く北部で13度、南部で15度前後でしょう。

2月下旬から3月上旬並みで午後は次第に風が冷たく寒くなります。マフラーなど寒さ対策をして行きましょう。


明日は強い冬型気圧配置で九州北部の上空1500メートル付近で−9度前後の強い寒気が流れ込みます。

このため、曇りicon02で北部を中心に時々雪icon04や雨icon03が降り、南部は昼前から晴れicon01るでしょう。

山地を中心に雪の積もる恐れがあるので、峠道を車で通る方はタイヤチェーンなど滑り止めを携行しましょう。

明後日は冬型が緩み高気圧に覆われ晴れicon01るので今度の土日は日曜日の方がお出かけ日和です。

月曜日は気圧の谷が通過し曇りicon02

火水は高気圧に覆われ晴れicon01

木曜日は気圧の谷が近づき曇りicon02後雨icon03で、

金曜日は気圧の谷が通過し雨icon03後晴れicon01でしょう。

そして来週の土日は冬型で大陸の高気圧に覆われ晴れ間icon01の多い天気でしょう。


気温は明日平年を下回りicon15厳しい寒さとなり、来週半ばは寒さが緩み、来週末は平年並みに戻ります。

温度変化の大きい一週間なので風邪など引かない様、体調管理最優先で過ごしましょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 07:18Comments(0)短期・週間

2019年01月24日

冬晴れ続く

西日本は冬型気圧配置になっていて九州は大陸の高気圧に覆われ晴れています。

朝の気温は沿岸で5度、内陸で2度前後と内陸を中心に冷え込んでいます。

この後も大陸の高気圧に覆われ今日も九州は晴れicon01るでしょう。

響灘と周防灘沿岸では寒気の影響で午前中一時曇りicon02ますが、雨の降ることはなく空気の乾燥した状態が続くでしょう。

今日も洗濯日和です。

最高気温は昨日と同じか1度低く14度前後と3月上旬から中旬並みです。

日差しの温もりはありますが、日陰では北風が冷たく寒いので暖かくして行きましょう。


明日も高気圧に覆われ晴れicon01ますが、寒気が流れ込むため昼前後から北部では時々曇るicon02でしょう。

明後日は冬型気圧配置が強まり強い寒気が流れ込むため曇りicon02で北部では一時雨icon03や雪icon04が降り、南部では昼過ぎから晴れicon01るでしょう。

日曜日は高気圧に覆われ南部は晴れicon01て、北部は寒気の影響で曇りicon02一時晴れicon01でしょう。

月曜日は弱い気圧の谷の影響で曇りicon02ますが時々晴れ間icon01が出て、

火曜日は高気圧に覆われ晴れicon01るでしょう。

水曜日は気圧の谷が通過し曇りicon02一時雨icon03

木曜日は高気圧に覆われ晴れicon01るでしょう。


気温は週末に平年を下回りicon15厳しい寒さとなり、来週は再び寒さが緩みます。

温度変化の大きい一週間なので風邪など引かない様、体調管理最優先で過ごしましょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 06:31Comments(0)短期・週間

2019年01月23日

乾燥続く

大陸の高気圧に覆われ九州は晴れています。

朝の気温は沿岸で7度前後と高いですが、内陸では0度前後と厳しい冷え込みになっています。

この後も高気圧に覆われ今日も九州は晴れicon01るでしょう。

雨の心配はなく洗濯日和でお布団も外に干して大丈夫icon100でしょう。

空気の乾燥が続くので火の取り扱いや肌荒れに注意しましょう。

最高気温は昨日より1、2度高く北部で14度、南部で16度前後と3月中旬並みです。

昼間は暖かく内陸では朝との温度差が10度以上と大きいので調節の利く服装で行きましょう。


明日と明後日も高気圧に覆われ晴れicon01

土曜日は冬型で強い寒気が流れ込むため曇りicon02で北部を中心に時々雪icon04や雨icon03が降り、南部では一時晴れ間icon01が出るでしょう。

日曜日も寒気の影響で曇りicon02ますが時々晴れ間icon01が出るでしょう。

月曜日まで寒気の影響で曇りicon02

火曜日は高気圧に覆われ晴れicon01て、

水曜日は気圧の谷の影響で曇るicon02でしょう。


気温は週末に平年を下回りicon15厳しい寒さとなり週明けは再び平年を上回りicon14温度変化の大きい一週間です。

風邪など引かない様、体調管理最優先で過ごしましょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 06:14Comments(0)短期・週間

2019年01月22日

乾燥注意

大陸の高気圧に覆われ九州は晴れています。

朝の気温は沿岸で6度、内陸で1度前後と内陸では冷え込んでいます。

この後も高気圧に覆われ今日も九州は晴れicon01るでしょう。

昼過ぎに一時曇るicon02所がありますが、雨の心配はなく洗濯日和でお布団も外に干して大丈夫icon100でしょう。

最高気温は昨日と同じくらいで北部で11度、南部で14度前後でしょう。

2月中旬並みで日陰では空気が冷たく寒いので暖かくして行きましょう。


明日から金曜日まで動きの遅い高気圧に覆われ晴れicon01

土曜日は冬型で強い寒気が流れ込むため曇りicon02北部を中心に時々雨icon03や雪icon04が降るでしょう。

そして、日月は寒気の影響で曇りicon02がちの天気で、

火曜日は高気圧に覆われ晴れicon01るでしょう。


気温は金曜日まで平年を2度くらい上回りicon14この時期としては過ごしやすく、週末から週明けは寒くなります。

温度変化の大きい一週間なので、風邪など引かない様、体調管理最優先で過ごしましょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 06:12Comments(0)短期・週間

2019年01月21日

冬晴れ風冷え

西日本は冬型気圧配置になっていて九州は大陸の高気圧に覆われ晴れています。

朝の気温は内陸で2度前後と冷え込んでいて、沿岸では7度前後ありますが北風が4メートル前後吹いていて風の冷たい朝になっています。

この後も冬型気圧配置が続き大陸の高気圧に覆われ今日の九州は晴れicon01るでしょう。

寒気の影響で沿岸や山地では時々曇りicon02ますが、雨や雪の降ることはほとんどないでしょう。

洗濯物は外に干せますが、北西の風がやや強く吹くので飛ばされない様、しっかり留めておきましょう。

最高気温は昨日より1から4度低く12度前後と2月中旬並みです。

風が冷たく寒いのでマフラーや手袋など寒さ対策をして行きましょう。


明日から金曜日にかけても高気圧に覆われ冬晴れicon01が続き、

土曜日は気圧の谷と寒気の影響で曇りicon02北部を中心に雨icon03が降り、

日月も寒気の影響で曇りicon02がちの天気が続くでしょう。


気温は金曜日まで平年を2度くらい上回りicon14この時期としては過ごしやすく、土日は厳しい寒さとなります。

空気の乾燥が続き温度変化の大きい一週間なので風邪など引かないよう、体調管理最優先で過ごしましょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 06:13Comments(0)短期・週間

2019年01月18日

冬日和

大陸に中心を持つ高気圧に覆われ九州は晴れています。

朝の気温は沿岸で4度、内陸で0度前後と内陸を中心に冷え込んでいます。

この後、高気圧が東シナ海に移動して来て九州を緩やかに覆う見込みです。

このため、今日の九州は晴れicon01るでしょう。

雨の心配はなく絶好の洗濯日和でお布団も外に干して大丈夫icon100でしょう。

最高気温は昨日より3、4度高く13度前後と2月下旬から3月上旬並みです。

日差しの温もりが戻り日向では暖かく朝との温度差が10度前後と大きいので調節の利く服装で行きましょう。


明日は高気圧に覆われ昼過ぎまで晴れicon01て、夕方から曇りicon02

日曜日は前線が南下し曇りicon02で一時雨icon03が降るでしょう。

今度の土日は晴れて暖かい土曜日の方が行楽日和でしょう。

月曜日は大陸の高気圧に覆われ晴れicon01

火曜日は気圧の谷が通過するため曇りicon02

そして、水木金は多少曇りicon02ますが晴れ間icon01の多い天気が続き、

土日は寒気の影響で曇るicon02でしょう。


気温は来週金曜日まで平年並みかそれを上回りicon14この時期としては過ごしやすく、来週の土日は再び寒くicon15なるでしょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 06:31Comments(0)短期・週間

2019年01月17日

冬空風冷え続く

日本付近は冬型気圧配置になっていて、九州には上空の気圧の谷が近づいているため九州は曇っています。

朝の気温は沿岸で5度、内陸で1度前後と冷え込んでいます。

この後、気圧の谷が日中通過し寒気の影響も受ける見込みです。

このため、今日の九州は大分など東部では昼前から晴れicon01ますが、その他の地方は曇りicon02がちの天気で時々晴れ間icon01が出る程度でしょう。

最高気温は昨日と同じくらいで北部で9度、南部で11度前後でしょう。

風が冷たく今日も厳しい寒さなのでマフラーや手袋など寒さ対策をしっかりして行きましょう。


明日は高気圧が移動して来て九州を覆うため穏やかな晴れicon01

明後日は高気圧が東へ去り気圧の谷が近づくため午前中晴れicon01て午後は次第に曇りicon02、夜は北部で雨icon03になります。

日曜日は気圧の谷が通過し冬型となるため午前中曇りicon02北部では朝まで雨icon03で昼過ぎから晴れicon01るでしょう。

北部で夜の間雨が降りますが、土日とも日中はまずまずのお出かけ日和でしょうface01

月曜日は高気圧に覆われ晴れicon01て、

火曜日は気圧の谷が通過するため曇りicon02北部を中心に一時雨icon03が降るでしょう。

そして、水木は冬型で大陸の高気圧に覆われ晴れ間icon01が出るでしょう。


気温は週末に平年を上回りicon14寒さが緩みますが、来週は平年並みでこの時期らしい寒さとなります。

温度変化の大きい一週間なので風邪など引かない様、体調管理最優先で過ごしましょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 07:00Comments(0)短期・週間

2019年01月16日

冬空風冷え

日本付近は冬型気圧配置になっていて九州には寒気が流れ込んできています。

宮崎県など太平洋側では晴れていますが、寒気の影響で曇っている所が多いです。

朝の気温は北部で6度、南部で9度前後と高いですが北西の風が冷たく吹いています。

この後も冬型気圧配置が続き寒気の影響を受ける見込みです。

このため、北部では曇りicon02で所により雨や雪が降り昼過ぎから時々晴れicon01

東シナ海沿岸では朝のち曇りicon02昼前から晴れicon01て、

大分など東部は朝から晴れicon01るでしょう。

最高気温は北部で昨日より3度低く9度、南部で昨日より6度低く11度前後でしょう。

北西の風が冷たく体感温度は5度前後と厳しい寒さになるでしょう。


明日も冬型で寒気の影響を受けるため北部と東シナ海沿岸地方は曇りicon02時々晴れicon01、大分など東部は晴れicon01るでしょう。

明後日は冬型が緩み高気圧に覆われ晴れicon01

土曜日は高気圧が東へ去り次第に曇りicon02

日曜日は気圧の谷が通過するため曇りicon02で所により雨が降るでしょう。

月曜日は気圧の尾根が通過し一時晴れ間icon01が出て、

火曜日は気圧の谷が通過し雨icon03が降り、

水曜日は大陸の高気圧に覆われ晴れicon01るでしょう。


気温は週末に平年を上回りicon14寒さが緩みますが、それ以外は平年並みかそれを下回りicon15この時期らしい寒さになります。

風邪など引かない様、体調管理最優先で過ごしましょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 06:52Comments(0)短期・週間

2019年01月15日

風冷えに

気圧の谷の影響で九州は曇っています。

朝の気温は平地で8度と高く、山地では4度前後と空気が冷たくなっています。

この後、気圧の谷が日中九州を通過し夜には冬型気圧配置となる見込みです。

このため、今日の九州は昼過ぎまで曇りicon02所により雨が降り夕方から晴れicon01るでしょう。

洗濯物は軒下か室内干しで昼過ぎまでは折り畳み傘を持ち歩きましょう。

最高気温は昨日より2度低く北部で12度、南部で15度前後でしょう。

北部では西風が冷たく夜は寒くなるので暖かくして行きましょう。


明日は冬型気圧配置で大陸の高気圧に覆われ内陸を中心に晴れicon01ますが、沿岸部では寒気の影響で曇りicon02がちの天気でしょう。

明後日まで寒気の影響で曇りicon02がちの天気で、金土は高気圧に覆われ晴れicon01るでしょう。

日曜日は気圧の谷が通過し雨icon03

そして、月曜日は一時晴れ間icon01が出ますが、

火曜日は低気圧が南岸を通過し雨icon03が降るでしょう。


気温は週末に平年を上回るicon14他は、平年並みかそれを下回りicon15度々寒くなります。

風邪など引かない様、体調管理をしっかり行いましょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 06:53Comments(0)短期・週間

2019年01月14日

晴れ間戻る

高気圧に覆われ九州は晴れている所が多くなっています。

朝の気温は沿岸で5度、内陸で2度前後と内陸を中心に冷え込んでいます。

この後も高気圧に覆われ今日の九州は晴れicon01る所が多いでしょう。

対馬海峡の沿岸では気圧の谷の影響で午前中は曇りicon02の天気で雨の降る所があるでしょう。

最高気温は昨日と同じくらいで北部は13度、南部は17度前後でしょう。3月並みで昼間は暖かいでしょう。


明日は気圧の谷が通過するため曇りicon02、昼前後は北部と南部で一時雨icon03が降るでしょう。

明後日と木曜日は冬型で寒気の影響を受けるため曇りicon02時々晴れicon01

金土は高気圧に覆われ晴れicon01

日曜日は気圧の谷が通過し広く雨icon03が降り、

月曜日は高気圧に覆われ晴れicon01るでしょう。


気温は今週半ばと来週初めに平年を下回りicon15寒くなります。

温度変化の大きい一週間なので風邪など引かない様、体調管理をしっかり行いましょう。
  

Posted by 佐藤栄作 at 07:22Comments(0)短期・週間

2019年01月11日

ゆっくり下り坂

気圧の谷の影響で九州は曇っていて、一部で弱い雨が降っていて霧の出ている所もある様です。

朝の気温は北部で5度、南部で9度前後と南部を中心に暖かい朝になっています。

この後、東シナ海から前線が伸びてくるため、今日は曇りicon02がちの天気で北部では一時晴れ間icon01が出ますが、南部では夜遅く雨icon03が降るでしょう。

最高気温は北部では昨日より上がる所もありますが、南部では4度低く12度前後と空気が冷たく寒いでしょう。


明日は前線上の低気圧が午前中に九州の南海上を通過する見込みです。

このため、朝の内雨icon03になり、昼前に上がりicon02夕方から晴れicon01るでしょう。

明後日は気圧の谷の影響で北部では曇りicon02、南部は晴れicon01るでしょう。

月曜日成人の日は大陸の高気圧に覆われ晴れ間icon01が出て連休は後半ほど晴れてお出かけ日和でしょう。

火曜日は弱い気圧の谷の影響で曇りicon02がちの天気で、

水曜日から土曜日まで高気圧に覆われ晴れicon01

そして日曜日は気圧の谷の影響で曇るicon02でしょう。


気温は週明けにかけて平年を上回りicon14、来週半ばには平年並みに戻ります。

朝晩の冷え込みは無いですが、昼間は寒い日が多いので風邪など引かない様、暖かくして過ごしましょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 06:57Comments(0)短期・週間

2019年01月10日

冷たい雨

気圧の谷の影響で九州は曇っていて一部で弱い雨が降っています。

朝の気温は北部で5度、南部で8度前後と3月上旬並みの暖かい朝になっています。

この後、気圧の谷が日中九州を通過し次第に高気圧に覆われる見込みです。

このため、今日の九州は曇りicon02で北部を中心に夕方にかけて一時雨icon03が降り、夜は晴れicon01るでしょう。

最高気温は昨日より1度高く北部で10度、南部で14度前後でしょう。

北部では日差しが無く寒いのでマフラーや手袋など寒さ対策をして行きましょう。


明日は高気圧に覆われ北部は晴れicon01て、東シナ海に伸びてくる前線の影響で南部は下り坂icon15で夜は雨icon03になります。

明後日は前線上の低気圧が東へ去り朝まで雨icon03で昼前から曇りicon02

日曜日は高気圧が張り出して晴れ間icon01が戻り、

月曜日成人の日は高気圧に覆われ晴れicon01るでしょう。

連休は後半ほど晴れて行楽日和ですicon22face02

火水は大陸の高気圧に覆われ晴れ間icon01が出て、

木曜日は気圧の谷の影響で曇りicon02でしょう。


気温は明日から週明けまで平年を上回りicon14寒さが緩み来週半ばは平年並みに戻るでしょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 06:59Comments(0)短期・週間

2019年01月09日

冬空

西日本は冬型気圧配置になっていて、九州は晴れ間の出ている所もありますが、寒気の影響で曇っている所が多いようです。

朝の気温は北部で5度、南部で7度前後ありますが、北部では北風が5メートル以上吹いている所があり風の冷たい朝になっています。

この後、冬型は緩み高気圧に覆われますが寒気の影響が残る見込みです。

このため、中部より南では晴れ間icon01が出ますが、全般に曇りicon02がちの天気で北部では一時雨icon03や雪icon04が降るでしょう。

気温は昨日より2から4度低く9度前後と真冬並みです。

風が冷たく寒さが厳しいのでマフラーや手袋など寒さ対策をしっかりして行きましょう。


明日も高気圧に覆われ晴れ間icon01が出ますが気圧の谷の影響で曇りicon02がちの天気で一時雨の降る所があるでしょう。

明後日は高気圧に覆われ北部では晴れicon01ますが、前線が南に伸びてくるため南部は下り坂icon15で夕方から雨icon03になります。

土曜日は前線上の低気圧が南海上を通過するため雨icon03後曇りicon02

日月は弱い気圧の谷の影響を受けて曇りicon02ますが次第に晴れicon01るでしょう。

連休は後半ほど晴れてお出かけ日和でしょう。

そして、火曜日は気圧の谷が通過し曇りicon02一時雨icon03で、

水曜日は高気圧に覆われ晴れ間icon01が戻るでしょう。


気温は明後日から平年を上回りicon14寒さが緩みますが来週半ば以降は再び真冬の寒さになります。

風邪など引かない様、体調管理をしっかり行いましょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 07:19Comments(0)短期・週間

2019年01月08日

冬型に

気圧の谷の影響で九州は曇っています。

朝の気温は北部で5度、南部で8度とこの時期としては暖かい朝になっています。

この後、気圧の谷が午前中に九州を通過し次第に冬型気圧配置になる見込みです。

このため、今日の九州は午前中曇りicon02、昼過ぎから時々晴れ間icon01が出るでしょう。

また、南部では所により雨icon03が降るでしょう。

最高気温は昨日より2、3度低く北部で11度、南部で13度前後と平年並みです。

夜は北風が冷たく寒くなるのでマフラーや手袋など寒さ対策をして行きましょう。


明日は冬型が緩み高気圧に覆われ晴れ間icon01が出ますが、寒気の影響で曇りicon02がちの天気で北部では雨や雪の降る所があるでしょう。

明後日は気圧の谷の影響で曇りicon02時々晴れicon01

金土は南海上に停滞する前線の影響で曇りicon02南部を中心に一時雨icon03が降ります。

日曜日まで気圧の谷の影響で曇りicon02

成人の日の月曜日は高気圧に覆われ晴れ間icon01が出るでしょう。

そして、連休明け火曜日は南海上を低気圧が通過し一時雨icon03が降るでしょう。


気温は明日平年を下回りicon15風が冷たく厳しい寒さとなり、その後は平年並みかそれを上回りicon14週末から週明けは過ごしやすい日が多いでしょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 06:53Comments(0)短期・週間

2019年01月07日

冬晴れ

大陸の高気圧に覆われ九州は晴れています。

朝の気温は平地で2度、山地で0度前後と真冬並みの冷え込みとなっています。

この後も高気圧に覆われて今日の九州は晴れicon01るでしょう。

昼過ぎからは時々曇るicon02所もありますが雨や雪の心配はなく貴重な洗濯日和でしょう。

最高気温は昨日と同じくらいで北部で13度、南部で15度前後でしょう。

2月下旬から3月上旬並みで日向では日差しの温もりがありますが日陰では風が冷たく寒いでしょう。


明日は冬型気圧配置が強まり寒気が少し強まる見込みです。

このため、晴れicon01ますが、早いところは明け方から遅いところは夕方から曇るicon02り、北部では雨や雪の降る所もあるでしょう。

また、季節風が強まり風冷えが戻るでしょう。


明後日は高気圧に覆われ晴れicon01ますが北部では寒気の影響で曇りicon02がちの天気でしょう。

木金は気圧の谷が通過し曇りicon02がちの天気で南部では一時雨icon03が降り、

土日月は高気圧に覆われて晴れ間icon01の多い天気でしょう。

成人の日もまずまずのお出掛け日和でしょう。


気温は平年を上回るicon14日が多く朝晩の冷え込みは少ないですが、

明日明後日は平年を下回りicon15風冷えが続きます。

風邪など引かない様、体調管理をしっかり行いましょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 06:51Comments(0)短期・週間