プロフィール
佐藤栄作
佐藤栄作
九州朝日放送 KBCテレビ『アサデス。』と『サワダデース』、KBCラジオ『小林徹夫のアサデス。ラジオ』にお天気キャスターとして出演中。
早起きとお天気のツボ押しが特技のフリーランスの気象予報士です。(株)風見屋 代表取締役
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
オーナーへメッセージ
インフォメーション

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 42人

スポンサーサイト

上記の広告は2週間以上更新のないブログに表示されています。 新しい記事を書くことで広告が消せます。  
Posted by スポンサー広告 at

2016年09月04日

12号ゆっくり通過

 台風12号は枕崎市の西北西の海上に有り北北西にゆっくり進んでいます。中心気圧は985hPaで、勢力は弱まり暴風域は伴わなくなりました。台風の中心付近と少し離れた所には活発な雨雲が有り、九州南部では1時間に20ミリを超す強い雨が所々で降っています。

 12号はこの後もゆっくり北上し、夜9時に長崎市の南南西の海上まで進み、今夜遅くに長崎県に上陸し明日の朝にかけて佐賀県と福岡県を通過し、その後山口県と山陰地方を通って明後日の朝には日本海に抜けて熱帯低気圧に変わる見込みです。

 九州北部地方では台風の影響でこれから断続的に雨が降り、1時間に60ミリの非常に激しい雨が降り、総雨量は多い所で300ミリの大雨になる恐れもあります。台風から離れた大分県などでも湿った風が入り易く大雨になる恐れがありますので、台風の予想進路から離れていても局地的な大雨による低い土地の浸水や河川の増水と氾濫に警戒しましょう。

 また、台風が近づく今日の夕方から風が強まり、陸上で20メートル、海上で25メートルの暴風が吹き瞬間的には35メートルくらいの突風の吹く恐れがあります。台風が通過する明日の昼過ぎまでは暴風に警戒が必要でしょう。

 また、台風の接近に伴って波も外海ではうねりを伴って6メートルと大時化になります。海岸には近づかない様にしましょう。

 これから明日の昼過ぎまで、大雨、暴風、高波に警戒して過ごしましょう。暴風により停電の発生する恐れがあるので台風の進路に近い長崎県、佐賀県、福岡県、山口県の方は風呂に水を溜めたり、携帯電話を充電しておくなど停電対策をしておきましょう。

台風12号予想進路9月4日9時
  

Posted by 佐藤栄作 at 10:42Comments(0)短期・週間

2016年09月03日

台風横断

 強い台風12号は屋久島の南南西の海上を北北西に時速15キロで進んでいます。この後も強い勢力を保ったまま北上し、明日の朝に鹿児島県の西海上、明日の夜遅くに長崎県にかなり接近し明後日の朝にかけて強い勢力で上陸する恐れが有り、その後、佐賀県福岡県山口県付近を勢力を弱めながら横断して行き、火曜日の未明には日本海へ抜けて熱帯低気圧に変わる見込みです。

 九州北部地方では台風が縦断する明日の夜遅くから明後日の昼過ぎにかけて大荒れの天気になります。30メートルの暴風が吹き瞬間的には50メートルの突風の吹く恐れもあります。家の回りの風で飛ばされ易い物は今日のうちに片付けて、明日の夜から明後日の昼過ぎにかけては不要な外出は控えて、家の中でも窓からなるべく離れて過ごしましょう。有明海など内海でも3メートルの高波となり外海ではうねりを伴い7メートルの大時化になります。海岸には絶対に近づかない様にしましょう。また、1時間に80ミリの猛烈な雨が降り、総雨量は多い所で300ミリの大雨になる恐れがあります。河川の増水・氾濫、そして土砂災害にも警戒をして下さい。

 気圧の谷と湿った空気の影響で九州北部地方は曇っていて、所々で雨が降っています。この後も気圧の谷の影響で今日の九州北部地方は曇り、所によって雨が降るでしょう。洗濯物は軒下干しで折り畳み傘を持ち歩きましょう。最高気温は昨日と同じくらいで29度前後と9月中旬並みです。

 明日は台風が九州の西海上を北上し湿った空気が流れ込むため曇り時々雨で雷を伴う所もあるでしょう。明後日は九州北部付近を台風が横断するため暴風雨で雷を伴い非常に激しく降る所があるでしょう。火曜日は台風が去り気圧の尾根が通過するため晴れ間が出て、水曜日と木曜日は低気圧が九州南岸を通過するため雨が降り、金曜日は高気圧に覆われ晴れて、土曜日は高気圧が去り曇るでしょう。

 気温は大体平年並みで過ごし易い日が多いでしょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 10:58Comments(0)短期・週間

2016年09月02日

下り坂

 昨日朝9時に沖縄の南で発生した台風12号は現在沖縄本島の東の海上を時速15キロで北東に進んでいます。この後、発達し今日の午後には強い勢力となりゆっくり北上して日曜日の朝には九州の直ぐ南西海上まで進んできて日曜日の午後から月曜日の朝にかけて暴風域を伴う勢力で九州に上陸し、月曜日に九州と中国地方を縦断して火曜日には日本海へ抜け、その後北東に進むでしょう。12号は強風域の半径が130キロで雲の様子を見てもとてもコンパクトな台風です。このため、台風が近づくまで風雨が強まることはありませんが、近づくと急に大荒れの天気になります。台風が九州北部地方を縦断する恐れのある日曜日の夜遅くから月曜日にかけては大荒れの天気になる恐れがあるので停電や暴風対策は日曜日の午前中までに済ませましょう。

 気圧の谷の影響で九州北部地方は曇っていて対馬海峡の沿岸部では雨が降っています。この後、東シナ海北部で低気圧が発生し夜には朝鮮半島付近まで進む見込みです。この低気圧の影響で今日の九州北部地方は下り坂icon15です。早い所は朝から時々雨icon03になり、昼前からは広い範囲で雨icon03になるでしょう。低気圧から離れている大分県では雨はぎりぎり降らず曇りicon02の天気でしょう。洗濯物は大分県の方は軒下干しで、その他の県では室内干しが良いでしょう。また、午後は傘の活躍する所が多いでしょう。最高気温は昨日と同じくらいの所が多く30度前後と大体平年並みです。湿度が高くちょっと蒸すでしょう。

 明日は低気圧が朝鮮半島を北上し強い台風12号が夜には九州の南海上まで進んできます。このため、未明まで雨icon03で朝から曇りicon02でしょう。明日はまだ台風の影響がなく福岡市東区の花火大会は綺麗な花火が打ち上がりそうです。日月は台風と湿った空気の影響で曇りicon02、大分県など九州山地の東側の地方では断続的に雨icon03が降り大雨になる恐れがあります。火水は前線の影響で曇りicon02一時雨が降りicon03、木曜日に晴れ間icon01が戻り、金曜日は高気圧に覆われ晴れicon01るでしょう。

 気温は大体平年並みで過ごし易い日が多いでしょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 07:32Comments(0)短期・週間

2016年09月01日

再び不安定に

 気圧の谷の影響で九州北部地方は曇っている所が多い様です。朝の気温は平地で24度、山地で20度前後と平地では少し蒸し暑い朝になっています。この後も気圧の谷の影響を受けるため今日の九州北部地方は曇りicon02がちの天気でしょう。時々晴れ間icon01が出ますが所により雨や雷雨があります。洗濯物は軒下干しで折り畳み傘を持ち歩きましょう。最高気温は昨日より1、2度高く31度前後で大体平年並みです。湿度が高くちょっと蒸し暑いでしょう。

 明日も気圧の谷の影響で曇りicon02、所により雨や雷雨。明後日は台風12号が九州南部に接近し時々雨icon03が降り、日曜日は台風が九州付近を通過するため曇りicon02や雨icon03で大分県など東部では大雨になり、全域で風が強まり荒れた天気になる恐れがあります。今度の土日はお出かけには生憎の天気でしょう。月曜日は台風が離れて一時晴れ間icon01が出ますが、火曜日から木曜日にかけては前線の影響で曇りicon02や雨icon03の天気でしょう。

 気温は大体平年並みで過ごし易い日が多いでしょう。  

Posted by 佐藤栄作 at 06:14Comments(0)短期・週間