プロフィール
佐藤栄作
佐藤栄作
九州朝日放送 KBCテレビ『アサデス。』と『サワダデース』、KBCラジオ『小林徹夫のアサデス。ラジオ』にお天気キャスターとして出演中。
早起きとお天気のツボ押しが特技のフリーランスの気象予報士です。(株)風見屋 代表取締役
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
オーナーへメッセージ
インフォメーション

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 43人

2014年12月19日

下り坂

 高気圧に覆われ九州北部地方は晴れています。放射冷却が働き朝の気温は沿岸で0度、内陸で−3度前後と全域でこの冬一番の厳しい冷え込みになっています。この後、高気圧は東へ去り気圧の谷が近づいてくるため天気は下り坂icon15です。午前中は晴れicon01ますが、昼前後から曇りicon02、夜遅くは熊本など南の地方から雨icon03が降り出してくるでしょう。洗濯物は早く干して夕方までに取り込み、忘年会などで帰りが夜9時より遅くなる方は折り畳み傘を持って行きましょう。最高気温は昨日より3、4度高いですが、10度前後と1月中旬並みの寒さです。朝の冷え込みが厳しく昼も寒いので暖かくして行きましょう。

 明日は気圧の谷が午前中に九州付近を通過し、午後は次第に冬型気圧位置になります。このため、午前中は雨icon03で昼前後から曇りicon02でしょう。明後日も冬型で寒気の影響を受けて曇りicon02。月曜日は気圧の谷が通過し曇りicon02一時雨icon03や雪icon04でしょう。火水は弱い気圧の谷の影響で曇りicon02時々晴れicon01。木曜日は高気圧に覆われ晴れicon01て、金曜日も弱い気圧の谷の影響で曇りicon02がちの天気でしょう。

 気温は月曜日まで平年を下回りicon15寒い日が続きますが、来週半ば以降は平年並みに戻るでしょう。


同じカテゴリー(短期・週間)の記事画像
冬晴れ
風冷え
下り坂
小雪に大雨
小春日和戻る
大雨
同じカテゴリー(短期・週間)の記事
 春から冬へ (2020-04-10 06:35)
 乾燥注意! (2020-04-09 06:35)
 晴れ続く (2020-04-08 06:12)
 曇り後晴れ (2020-04-07 05:19)
 乾燥注意 (2020-04-06 06:11)
 花曇り (2020-04-03 06:23)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。