プロフィール
佐藤栄作
佐藤栄作
九州朝日放送 KBCテレビ『アサデス。』と『サワダデース』、KBCラジオ『小林徹夫のアサデス。ラジオ』にお天気キャスターとして出演中。
早起きとお天気のツボ押しが特技のフリーランスの気象予報士です。(株)風見屋 代表取締役
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
オーナーへメッセージ
インフォメーション

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 43人

2012年09月25日

秋晴れ強風

 北から高気圧に覆われ九州北部地方は晴れている所が多いですが、局地的な沿岸前線が発生していて糸島半島など北岸部では雨の降っている所があります。また、内陸では15度前後まで冷え込んでいて空気が冷たく、沿岸部は20度以上ありますが風があり涼しい朝になっています。この後も九州は北から高気圧に覆われる見込みです。このため、今日の九州北部地方は晴れicon01るでしょう。北岸の地方では時々曇りicon02、朝のうちは雨の降る所があるでしょう。洗濯日和でほとんどの所で外に干して大丈夫ですが、北東の風がやや強く吹くので飛ばされないようしっかり留めておきましょう。また、強風にも注意して過ごしましょう。最高気温は昨日より1~3度高く、北岸部で27度、内陸では29度前後でしょう。平年並みの気温で風が冷たく吹くので、長袖か軽い上着を着て行きましょう。

 明日と明後日も高気圧に覆われ晴れicon01て北風がやや強く吹くでしょう。金曜日から来週月曜日にかけては気圧の谷の影響を受けて曇りicon02時々晴れicon01でしょう。曇りの時間が長いですが時々晴れ間が出るので土日の運動会は大丈夫ですし、日曜日の中秋の名月も雲の切れ間から見える時間があるでしょう。そして、火曜日には高気圧に覆われ青空が広がるでしょう。

 気温は大体平年並みで涼しい日が多いでしょう。

 昨夜9時に本州のかなり南海上で台風18号が発生しました。18号はこの後、発達しながら北上し週末に本州の南東海上を通過して行く見込みです。東日本では週末に風が強まり荒れた天気になる恐れがあります。週末に東日本へ行く予定のある方は時間にゆとりを持ったほうが良いでしょう。また、フィリピンの東の猛烈な台風17号はこの後も猛烈な勢力を保って沖縄の南海上を北西に進み、日曜日には台湾付近へと進む見込みです。しばらく、九州からは離れているので当面、直接の影響はありませんが、南部ではうねりを伴って次第に波が高くなるでしょう。


同じカテゴリー(短期・週間)の記事画像
冬晴れ
風冷え
下り坂
小雪に大雨
小春日和戻る
大雨
同じカテゴリー(短期・週間)の記事
 乾燥注意! (2020-04-09 06:35)
 晴れ続く (2020-04-08 06:12)
 曇り後晴れ (2020-04-07 05:19)
 乾燥注意 (2020-04-06 06:11)
 花曇り (2020-04-03 06:23)
 風冷え (2020-04-02 06:37)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。